2013年10月韓国旅行記☆その3

 2013-11-03-09:00
スンギくんがヨーロッパ旅行に行っている間に、私も韓国旅行記の続きを書いておきます。

韓国滞在2日目は、ソウル→韓国南部へ=33

「入国はソウル、出国は釜山」という今回の旅行の流れが決まり「どこか地方旅行したいね」という意見も一致した後に、友人が「ここに行きたい!!」と提案してくれたのが、경상남도 하동군(慶尙南道 河東郡=キョンサンナムド ハドングン)の최참판댁(崔参判宅=チェチャムパンテク)でした。


そこでまずは「ソウルから하동(河東ハドン)へはどう行ったらいいのか!?」を調べる事に。

河東(ハドン)のHP(日本語も対応)


どうやら、電車よりも高速バスで行った方が良さそうな感じですが、ソウルから4時間もかかる模様。

時間を有効に使うためにも、ソウルを朝一に出るバスで向かいたいと思いました。


ちなみに、高速バスの時間や空き状況はこちらのサイトで調べることが出来ます。

https://www.busterminal.or.kr/

ただし、予約購入するには住民番号入力がいるので、外国人は購入出来ない気がします。

便数の多い路線では予約は不要かもしれませんが、今回の場合は、便数の少ないマイナーな路線で、どうしても”朝一便”に乗りたかったので、韓国人チングに予約をお願いしました。



という訳で、2日目は眠い目をこすりつつ、朝6時過ぎにソウル南部バスターミナルへ。

a102601

南部ターミナルは、<九家の書>のロケ地の”ドラミア”に行った際に何度か利用したので、久々に来て、なんだか妙に懐かしい気分に(´▽`)



バス代はソウルから河東まで、24,000ウォン(約2,400円)

4時間も乗る事を思えば、安いですよね~☆

しかも、長時間用の車体だったからか、横3列のゆったり座席で、足置きもあり、背もたれもわりと深く倒れたので、4時間よ~く眠れましたzzz



で、하동(河東ハドン)のバスターミナルに着いて、引き続きそこから최참판댁(崔参判宅チェチャムパンテク)に行くバスに乗ろうとしたのですが、バスの本数が少ない上に、窓口の人には「そこに行くには、ここからより、화계(花開ファゲ)から行った方が良い」と言われ・・・(@_@;)

(バスターミナルでのこの辺りの会話は、韓国人チングにお任せ)


で、とりあえず「今乗れるバスで、観光出来るトコロに行ってみよう!」という事で行ったのが、청학동마을(青鶴洞村チョンハットンマウル


バスに乗ると、中には助手のような女性(雰囲気的には、ボランティア?という感じ)が乗っていらっしゃいました。

「路線バスに助手!?」ってビックリしてたんですが、よくよく見ていると、そのバスにはお年寄りの方がたくさん乗っていて、その方たちが安全に乗り降りするのを手伝っておられたんですね。

小さな村なので、どこで誰が乗り降りするのか、全て把握しておられるんじゃないかな?

お年寄りの多い村での安全なバス運行に、欠かせない存在のようです◎



そんなホノボノしたバスに乗って揺られること約1時間ほどで、청학동마을(青鶴洞村チョンハットンマウル)に到着。

h102601


思い付きで行った場所だったので、どういうトコロなのかも良く分かっていなかったのですが、昔ながらの雰囲気が残る、時間がゆったりと流れる、静かな村でした。

h102605


家の軒先で、ナムルの材料となる山菜(?)の干し物を売っていました。

h102602

ちなみに私たちは、旅行のキャリーケースを持ったままだったのですが、こちらのお宅の方が「カバンはそこに置いて、見物しておいで。」と言って下さり、とても助かりました(〃´∀`〃)


村の入り口を守る神様みたいな感じ?

h102604


所々に紅葉が☆

h102603


h102607


特に何がある、という感じではなかったけど、こういうのどかな風景の中を散歩したかった私的には、心地よい時間でした゚.+:。(´ω`*)゚.+:。


h102606


h102608



が、バスの時間があり(なにせ本数が少ないので)、残念ながらあまりゆっくりとは見学は出来ず・・・

先ほどのバス助手の方に少しお話を聞いてみると「短い時間ではなかなか見れるところもなかったでしょう?今度はゆっくりと一泊していらっしゃい。少し足を伸ばすと、もっと見どころがたくさんありますよ。」という事でした。



バスに乗って一旦하동(河東ハドン)に戻り、改めて화계(花開ファゲ)へ。

そこでお昼ご飯を食べる場所を探そうと歩いていたら、こんな看板が!

h102609

<1泊2日>の滝シリーズで、オム・テウンさんが訪れたんですね~


h102610


しばらく歩いていると、市場がありました。

h102611


何だか分からないけど、何となく体に良さそうな干しモノがズラ~リ

h102612


お昼ご飯は、山菜のピビンパプ。

h102613

右のスープは、貝のダシが効いていました。



昼食後、バスの時間まで、市場の中を散歩していると・・・

「おお、これは!?」

h102614

こういうの見ると、スンギファンなら無条件で食べてみたくなりますよね!?

って事で、早速カボチャ餡とさつまいも餡のを一つずつ買って食べてみたのですが・・・

h102615

中味の餡は美味しかったのですが、外側の皮(餅?)が油っぽすぎてイマイチでした(-з-)

それに、よく写真を見たら<1泊2日>チームも屋台で食べた訳ではないみたいだから、こちらのお店はただ単に”番組のと同じモノだ”って事で写真を掲げているだけなのかも!?



市場を後にし、バスに乗って、いよいよ本来の目的地だった최참판댁(崔参判宅チェチャムパンテク)へ。

至る所に、柿がたくさんなっていました。

h102616

h102618

染物が特産なのか、周りにはこういうお店が何軒かありました。

h102619

染料は柿渋なのかしらん???


あと、売り物なのか飾りなのか分からなかったのですが、こんな風に巨大かぼちゃを並べているお店も結構ありました。

h102617



최참판댁(崔参判宅チェチャムパンテク)は、<九家の書>の3話の一部を撮影したロケ地です。

h102620


入口に、<九家の書>撮影チームのサインも飾ってありました。

h102621

が、スンギくんのサインに関しては、日付も宛名も書いていないので、アヤシイなぁ(勝手にどこかからの画像を載せているだけでは?)と思っています。


だって、入り口に、こんな画像貼ってるような場所なんですもん!!(・д・`;)

h102622

これってもしや、ドラマのイメージがまだ分からなかった頃に、ファンが想像力を働かせて作った画像とかじゃないですか!?



この木は入口近くにありました(^o^)

h102623


h102624


その木の前にあるのか、この建物。

h102626


チョンジョの部屋に忍び込もうと、ガンチが顔をのぞかせたところですね。

h102625


h102627



で、ドラマの設定上では、ガンチが上った屋根はこの建物のハズですが、実際はどうなんだろう?と思って、この建物の裏側に回ってみたんですね。

h102630


すると、想像以上の狭い空間で・・・

h102628


ドラマを見た感じでは、屋根の下の空間がこんなに狭いイメージでは無かったし、この空間にカメラやらスタッフがたくさん入れるとは思えなかったので、「やはり屋根は違う場所で撮ったのかな?」と一瞬思いました。


でも、よくよく検証してみると、やはりこの場所でした◎

h102629


h102631



高所恐怖症のスンギくんが、こわごわ飛び降りた様子が、目に浮かぶようでした(^m^)





h102632

h102633


チョンジョがユン氏(母)と大事なお客様を接待している時に、ボンチュルたちとケンカしていたガンチが投げ込まれた場所。

h102635

h102637



行く前にドラマを見直して場所の検証をした訳でもなかったので、もしかしたら、他にも見逃した場所があったのかもしれません(^o^;)

何はともあれ、「遠路はるばる」行った甲斐あり、新たな<九家の書>ロケ地を見れて、大感激でした~o(〃^▽^〃)o



ただ、ここでも、帰りのバスの時間の関係で、あまりゆっくりと見学する事は出来ませんでした。

バスに乗って、화계(花開ファゲ)に戻り、そこでバスを乗り換えて、釜山へ。

そう言えば、화계(花開ファゲ)に戻るバスでまた、午前中のバスにいらっしゃった助手の方にお会いしました♪



釜山行のバスは、確か11,000ウォン(約1,100円)。

道が混んでいたのもあり、3時間ぐらいかかったかな~

とにかく、バスに乗っている時間が長い1日でしたヾ(´ε`;)ゝ


でも、念願の”地方旅行”が出来て満足でしたし、紅葉も少し見れたし、こうやってバス(公共交通機関)で手軽に地方に出かけられるって分かった事も収穫でした(^~^)b☆


*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*


続く。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :釜山旅行記 トラックバック(-) コメント(6)
タグ :
コメント
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/11/03 09:44】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/11/03 22:31】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★鍵コメSさま
ソウルコン、お母さまとは別々のお席では心配でしょうね(^_^;)
アリーナ座席ですが、ご想像されているような状態にはならないと思います
物理的に考えても、オールスタンディングと違って、椅子がありますからね。
昨年の様子を見ていても、舞台にごく近い席の方は、スンギくんが近づくと舞台の方にワッと寄って行っていましたが、スンギくんが離れると一旦席に戻っていましたし、係員もいて、制止しますし。
それに、舞台から離れた席の方は、そこまで出張したりはしません。
自分が動きさえしなければ、ご自分の定位置で静かに見ることが出来ると思います。


★鍵コメYさま
へぇ、比較的短距離路線のバスでも、3列シートの事があるんですね?
時間帯によるのかな?
ちなみに、今回3時間乗った花開→釜山は4列シートでした。
江陵も、行ってみたい場所です♪
【2013/11/04 00:43】 | まや #r10PBekw | [edit]
【韓国田舎もステキ💖】
まやさん真夜中にこんばんわ🌟🌟
今回の旅も、充実して様子☝旅慣れしてますよね〜スゴイですと感心するばかりです😆
ソウルの様な都会より私は田舎が好きです。
紅葉も、建物も、風情があってステキです💖💖癒されそうな場所ばかりでした。
しかし私は、九家の書をまだ観てないので、ロケ地の感動が分からなくて💦ボ〜ナス時に、DVD大人買いするつもりなんで😆今は、妄想想像して楽しみは先送ります〜ロケ地巡りも良いですね〜↗↗まやさんのブログで私的には大満足させて頂いてます。今回もステキな旅になり本当良かったですね〜いつも心から楽しんで拝見させて貰い感謝です。ありがとうございます🙇
【2013/11/04 02:34】 | 由美 #yIv2.5.U | [edit]
【】
まやさん、こんにちは。
画像だけでもとっても秋を感じることができました。ありがとうございます。
レンタルできるようになるまで「九家の書」は観られないと思ってたのですが、
自分の仕事のお客様で韓流ファンの方がいらっしゃって、私がスンギくの
ファンだと言うと、その方がいろいろと良くしてくださって……
「九家の書」4話まで観ることができました。このタイミングでまやさんの
旅レポのお写真をみせていただいて、「あ、あの木だ~」とか「あの場所だ~」
ってとってもうれしかったです。
ばなな先生の日記も読ませて頂いて……というかこんな大作家様の日記を読ませて
頂くことができるこのご縁といいますか…つながりといいますか…とってもすごい
ことだなぁ~と感動しながら読ませて頂きました。ばなな先生ありがとうございました。
スンギくんのファンになってまやさんのブログに出会って、まやさんのブログで
たくさんの方々とつながることができて(勝手につながってると思ってますm(_ _)m)
本当に幸せです(*^^*) まやさんいつもありがとうございます。
【2013/11/04 10:39】 | yakko #- | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★由美さま
買い物するなら都会が便利ですが、ゆっくりと散策するのは田舎が良いですね♪
バスの本数が少なかったり、都会には当たり前にあるようなモノ(例えばカフェとかコンビニとか)が無くて不便だったりもしますが、それも旅行の醍醐味ですしね!

<九家の書>はDVDを大人買いする予定なんですね?(´艸`)
発売情報が楽しみですね☆


★yakkoさま
ちょうど<九家の書>3話を見られたばかりだったんですね?
<九家の書>はほとんどを”ドラミア”というソウル郊外のセット場で撮ったのですが、なぜかスンギくんが初めて撮影に入った3話の一部のシーンのみ、ソウルから遠く離れたこちらで撮影したんですよ。

スンギくんファンになって、新たに広がる世界がいっぱいあって、私も嬉しいし、ありがたい事だと思っています(*≧∀≦)
【2013/11/05 00:08】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫