12/30 MBC演技大賞☆

 2014-01-03-00:15
引き続き、今さら感のある、さかのぼった記事を書きます(^o^;)

12/30のMBC演技大賞。

スンギくんは司会を務めただけでなく、人気賞・ベストカップル賞・ミニシリーズ最優秀演技賞(男性部門)の3冠を達成しましたよね☆


以下、動画や画像は全て、ありがたくお借りしておりますm(_ _)m


m123013


実は私、本来であれば釜山から30日帰国予定だったのを、「当日ソウルに行けば、何かチャンスがあるかもしれない!?」と、何のアテもないくせに帰国日を延ばし、ソウルに行ったのです。


・・・が、やっぱり私には何の運も縁もなく、会場に入って見る事は出来ませんでしたヾ(´ε`;)ゝ


でも、早めに会場前に行ってみたおかげで、レッドカーペットだけ見る事が出来ました♪

(レッドカーペットさえも先着順で、待った人全員が見れた訳では無かったのです。)


会場の係員に誘導され、MBCの建物の入り口に行くと、文字通りレッドカーペットが敷かれ、ライトが煌々と照らされていました。


レッドカーペットに最初に入って来たのは、スンギくんでした。

が、要領も分からない内にいきなり現れたので、私としては「え?え?」と思ううちに、スンギくんは前を通り過ぎてしまいました(^o^;)



私のイメージとしては、私たちがいる前で一旦立ち止まって、フォトタイムとか、ひとことあいさつがあると思っていたんですね。

ところがそれは、建物の中に入ってからだったようで・・・orz



http://www.youtube.com/watch?v=OIgh6JpC3hM


m123003

m123004


そんな訳で、せっかく釜山からソウルに行ったわりには、”スンギくんに会えた!”という実感もなく終わってしまったのでした・・・orz


が、そのままレッドカーペットで引き続きいろんな俳優さんたちがやって来るのを見るのは、とても興味深かったです◎

残念ながら私は全くドラマを見ていないので、「誰が誰やら!?」って感じでしたが、それでも、華やかに着飾った女優さんやカッコいい男優さんが微笑みながら通り過ぎるとウットリしましたし、思わず「お~!」って声が上がりました☆

ただし、どんなにキレイな女優さんでも、愛想無く通り過ぎてしまった方は印象が悪かったですね( ̄_ ̄;)


一番現場が華やいだのは、キム・ユジョンちゃんの登場!

スンギくんの<되돌리다>のMVでもお馴染みですね。

とにかくかわいくて、彼女が車から降りてきた瞬間、パァ~って光が差し、花が舞い飛んだように見えました☆☆☆

m123001

見学していた皆さんが口々に「かわいい~!!」を連発していました(*^▽^*)

m123002


そんなこんなで、目的のスンギくんはあまり見れませんでしたが、なかなか体験できることのないレッドカーペットの様子を間近で見れて、とても楽しく貴重な経験が出来ました♪



でその後は、レッドカーペットをご一緒したTさんと、ホテルでテレビ鑑賞。

暖かい部屋で、おしゃべりしながらお菓子などをつまみながら、大きな画面で見れて、とても楽しい時間でした♪

スンギくんが受賞した瞬間には、思わず拍手したりして、盛り上がり~o(^▽^)o


一部の衣装にはぶったまげましたが~(*´Д`)=з

m123005


スンギくんの司会ぶり、とてもしっかりしていて、聞いていてすごく安心感がありました☆☆☆

m123006


こちらは、スンギくんの部分のみをカットした動画。



http://www.dailymotion.com/video/x194zrn_mda1_auto




http://www.dailymotion.com/video/x194zsx_mda2_auto


改めてみると、司会の二人はかなり早口ですね( ゚ ▽ ゚ ;)

相当時間がギリギリだったのでしょうか・・・



ちなみに、現場で観覧された方の話によると、画面に映っていない時間も司会の二人には椅子が無く、ずっと立ちっぱなしだったそうです。

スンギくんは、台本を見ながら、次に言うコメントを一人で熱心に練習していたそうです。

m123008

また後半に入ると疲れが出て来たのか、しきりに脚のストレッチをしていたそうです。

見えないところで、苦労していたんですね・・・

m123007



ところで、スンギくんの受賞時のコメントについて、ユナちゃんとの熱愛発覚後に友人が
「今思えば、スンギがフックへのお礼を言う時に、違和感のある事を言っていたよな・・・」
って言っていたんですね。

私自身は、リアルで見ていた時に特に何も感じなかったので、改めて動画で聞き直して見る事にしました。

(訳が間違っている可能性大です。だいたいこんな感じ?ぐらいで見て下さい・・・)


★人気賞



http://www.youtube.com/watch?v=z1I8CB2Rp2k


「すごく感謝しています。

実は、ベストカップル賞を期待していたので、人気賞をいただいてとてもビックリしています。

たくさんの方々が、<九家の書>のチェ・ガンチを愛して下さり、本当に幸せだった1年になったようです。

投票して下さったすべての皆さんと、<九家の書>を愛して下さった、チェ・ガンチとダム・ヨウルのカップル、そしてすべての俳優を愛して下さった視聴者の皆様に、もう一度感謝の言葉を伝えたいです。

来年も、またよい演技で、発展した姿をお見せしたいです。」



スンギくんと一緒に人気賞を取ったのが、ハ・ジウォンさんで、私的には嬉しかったです。

<The King 2 Hearts>カップルのリベンジ、なんてね(^m^)

しかし、ハ・ジウォンさん・・・?Σ(゚д゚;)

正直、ハ・ジウォンさんだって言われて見ても、すぐには分からなかったぐらいです。

一体どうしちゃったんでしょう、お多福のようになってしまって(ノ_・。)



★ベストカップル賞



http://www.youtube.com/watch?v=ChBObbp5GCA


飽きれるほど幼稚なスジちゃんのスピーチを、さらっとスマートにフォローした、素晴らしいスンギくんのスピーチ☆

「<九家の書>でこうやって、ガンチとヨウルのカップルを愛して下さったたくさんの視聴者の皆さんとネチズンの皆さんに感謝します。

最初よりも本当に日就月将(日進月歩)な実力で、哀切なロマンスを描いてくれたスジさんにもありがとうと伝えたいです。

二人ともぎこちなさがたくさんあったのですが、そのぎこちなさを全く感じさせることなく、現場でカリスマによってうまく進めて下さったシン・ウチョル監督にも感謝の言葉をお伝えしたいです。

素晴らしい台本で、カッコよく描いてくれたカン・ウンギョン作家にももう一度、感謝の言葉をお伝えしたいです。

ありがとうございます。」




★ミニシリーズ・最優秀演技賞(男性部門)



http://www.youtube.com/watch?v=GTBg_OwdyXE

こちらが問題のコメントをした部分ですね・・・

「10年目の授賞式に来たようなのに、この場で何も考えが浮かばす、どうしてよいのか分かりません。

まずはとても、感謝しています。

先ほど、人気賞とベストカップル賞を選んでくれたファンの皆さんにありがとうと言えませんでしたが、とても感謝しています。

今回の作品を通しても感じましたが、ドラマは個人プレーではなくチームプレーであるようです。

ですから、いつも僕だけでなく、僕と一緒にしてくれるスタッフたちが本当に大切だと思っています。


まず、この作品を切々とイ・スンギを思い描きながら気をつかってくれた最高のカン・ウンギョン作家に、この場を借りてお礼を言いたいです。


そして、現場にいる俳優たちが皆難しく思い、ちょっとカリスマがあって近づくのが難しかったシン・ウチョル監督。

僕は撮影の間ずっと楽しくて、すごく良くて、現場で本当にワクワクしながら撮影したようです。

『時代劇はすごくしんどい』と言い『二度と時代劇は撮らない』とおっしゃりながら、現在中国で時代劇を演出しているそうです(笑)

いつも健康で、次もまた、作家や監督ともう一度出来る機会があれば嬉しいです。


そして、この場に一緒にいるスジさん、最初より日進月歩の実力で本当にドラマ最後まで導いてくれたスジさんにも、感謝の気持ちを伝えます。


そして最後に、僕がもう来年には10年目になるんですが、10年間この道を歩いて行きながら、僕が向かわないといけない道と、ドラマであればドラマ、歌手であれば歌手、バラエティならバラエティ、

芸能人イ・スンギだけでなく、かっこいい男としての道をキチンと教えてくれた

僕の師匠でありメントでいらっしゃるフック・エンターテイメントのクォン・ジヨン代表に、この賞の栄光を差し上げたいです。

これからも、ずっと一緒にやって行きたいという言葉を伝えたいです。


そして最後に、現場で苦労してくれたスタッフの皆さん、やたらとダイエットするんだと僕が自分の肉を持ち運んで、毎日フライパンで焼いてくれたマネージャーのハンググ、みんなありがとう。


<九家の書>を愛してくれた視聴者の皆さんに、いま一度感謝の言葉を伝えます。

ありがとうございます。

一生懸命頑張ります。」



なるほど・・・

確かに、今までも常にフックへの感謝は述べていたスンギくんだけれど、「カッコいい男としての道を教えてくれた」なんて言った事は無かったですよね・・・

意味深だと思えば意味深だし、そうでもないと思えば、特に気にする言葉でもないような気もするし・・・・・・・・・



ちなみに、スンギくんのダイエットの為に、肉を焼いてくれたマネージャー・ハングク(한국=”韓国”と同じ綴り)さんはこの方。

m123011

そんな名前だったんですね~

仲間内では、勝手なあだ名付けて呼んでました(;´▽`A``

m123010



m123009

何はともあれ、スンギくん、3冠おめでとう!

そして、長丁場の司会を立派にやり遂げて、お疲れ様でした!!


m123012


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :ドラマ<九家の書> トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫