目を負傷したスンギくん、ドラマ撮影復帰へ・・・

 2014-06-13-23:00
9日未明、ドラマ撮影中に負傷し、治療の為に休養を取っていたスンギくんが、撮影に復帰する(した?)ようですね。

“目を負傷”イ・スンギ、本日(13日)「君たちは包囲された」の撮影に復帰(日本語記事)

いくらなんでも、「医者の反対を押し切って」って事はないと思いますので、完治でないにしても、ある程度動いても大丈夫な状態にはなったのでしょうね。

思ったより早い復帰を喜ぶべきか、心配すべきか、はたまた・・・

s0613

12日(木)の<君包囲>10話では、ナイフが出てきた瞬間から、「このナイフの為にスンギくんが・・・(ToT)」と思うと、いたたまれなかったです。

それに加えて、本来デグがいるはずの場面にデグがいなかったり、デグ抜きで他の配役だけで必死にカバーしようとされている不自然さが感じられ、それもまた心が痛かったです。

1話放送中止にしたにも関わらずのあの完成度を見ると、例えスンギくんが怪我をしていなくても、到底今週2話は放送出来なかったんじゃないか・・・と思わずにはいられませんでした。

先週も韓国内の選挙の関係で、1話しか放映が無かったのに・・・

はたして来週以降、どうなるのでしょう!?

スンギくんが、無理を押してでも「1日も早く現場へ!」と焦るのも、仕方がない事なのでしょうね(ノ_<)

私が心配してもどうしようもありませんが。

ただただ、今回のような事故が二度と起こる事がないよう、細心の注意を払ってもらって、安全に無事に最終回を迎えられることを祈るのみです(。-人-。)

そしてドラマ制作陣の皆さま、スンギくんが命をかけて取り組んでいるドラマに”傷がつく”ようなことだけは、絶対にしないように、切に願います・・・
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ その他 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/13 23:48】 | # | [edit]
【鍵コメRさま☆】
こんにちは!

マスコミ記事が書いている事を全て鵜呑みには出来ないし、スンギくんの本当の状況が分からないだけに心配ですよね(>_<)

韓国ドラマは・・・というか韓国はそもそも、「物事は実際にやってみて、ダメならやり直す」という進め方をするようですので、事前に綿密に検証したり準備してから取り掛かる日本人からするとビックリする事が多々ありますよね。
日本の連続ドラマは1週間で正味約45分なのに対し、韓国は正味約120分・・・って思うだけでも、”あり得ない”仕事量だと思いますし。
でもそのやり方が功を奏す事もあるし、実際に韓流ドラマはたくさんの外国ファンまで獲得する程”大成功”して来た訳ですしね。
今回こうやって主役のスンギくんが怪我をしたから大きく話題になっただけで、これまでに例えば脇役やスタッフ等、目に見えないところでどれだけの方が犠牲になって来たのか!?と思うと、恐ろしくなります。
”安全的に””健康的に”ドラマ制作が出来るように、一度抜本的に問題点を見つめ直し、過酷な撮影環境を改善してもらいたいですよね。
【2014/06/14 23:13】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫