<バックパックを背負って>byイ・スンギ☆歌詞の日本語訳

 2015-06-12-00:00
イ・スンギくんの6集アルバム<그리고...(そして・・・)>

歌詞解読&ルビのご紹介、7曲目は<배낭을 메고(バックパックを背負って)>です。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


ペナンウル メゴ
배낭을 메고
バックパックを背負って






ッタスハ ノフ ヘッサル
따스한 오후 햇살
暖かい午後の日差し

クィカルル スチミョ マルルゴヌン パラム
귓가를 스치며 말을거는 바람
耳元をかすめながら話かける風

オレンジセク チブン パラン ハヌルィエ クルム
오렌지색 지붕 파란 하늘위의 구름
オレンジ色の屋根、空の上の雲

ネパルゴルムン チュオクィルル コンヌンダ
내발걸음은 추억위를 걷는다
僕の足取りは思い出の上を歩くんだ

トルコンゴリヌン チャンガエ キデ ノル センガケ
덜컹거리는 창가에 기대 널 생각해
ガタガタする窓の枠にもたれて君を思う


ナルグンペナン ドゥンエ メゴ ハンソネン ノル ッコク チャプゴ
낡은배낭 등에메고,한손엔 널 꼭잡고
古いバックパクを背負って、片手には君をぎゅっと握り

プロオヌン スチョガヌン ケジョレ マミ ソルレイドン
불어오는, 스쳐가는 계절에 맘이 설레이던,
吹いてくる、過ぎゆく季節に心がワクワクした

アドゥカゲ モロジヌン ハムッケヨットン シガン
아득하게 멀어지는 함께였던 시간
はるかに遠ざかる、一緒だった時間

キルマダ パレジン クリウムル ッタラ ット ゴンヌンダ
길마다 바래진 그리움을 따라 또 걷는다
道々に色あせて懐かしさを追い、また歩くんだ



ッタスヒ ムルドゥン チョニョク
따스히 물든 저녁
暖かく染まる夕方

キルッカエ スミヌン キブンチョウン コンギ
길가에 스미는 기분좋은 공기
道端に染みている気持ちの良い空気

ナルグン ギタ ソリ ナジキ プルロボヌン ノレ
낡은 기타 소리, 나직히 불러보는 노래
古いギターの音、低く歌ってみる歌

ネ クィカエ メンドヌン ノル クリョボンダ
내 귓가에 맴도는 널 그려본다.
僕の耳元でぐるぐると回る君を懐かしんでみる

オッケエ キデ ドゥグンゴリドン ノル キオケ
어깨에 기대 두근거리던 널 기억해
肩に寄りかかりドキドキした君を思い出し


ナルグンペナン ドゥンエ メゴ ハンソネン ノル ッコク チャプゴ
낡은배낭 등에메고,한손엔 널 꼭잡고
古いバックパクを背負って、片手には君をぎゅっと握り

プロオヌン スチョガヌン ケジョレ マミ ソルレイドン
불어오는, 스쳐가는 계절에 맘이 설레이던,
吹いてくる、過ぎゆく季節に心がワクワクした

ヌンブシゲ ピンナドン ナル ソジュンヘットン スンガン
눈부시게 빛나던 날 소중했던 순간
まぶしく輝いていた日、大切だった時間

キルマダ パレジン クリウムル ッタラ ット ゴンヌンダ
길마다 바래진 그리움을 따라 또 걷는다
道々に色あせて懐かしさを追い、また歩くんだ



パラミ ガヌン キル ッタラ ゴッコ ゴッタ ボミョン
바람이 가는 길 따라 걷고 걷다 보면
風が行く道を追って歩き、歩いてみると

タシ ット ニガ ットオルラ
다시 또 니가 떠올라
また君が思い出される


ハルジョンイル ソルレイドン オヌ イルン ポムナル
하루종일 설레이던 어느 이른 봄날
一日中ワクワクした、ある早い春の日

フンナルリドン モリカラク サイロ ッソダジドン ヘッサル
흩날리던 머리카락 사이로 쏟아지던 햇살
舞い散る髪の隙間に降り注ぐ日差し


ヌンブシゲ ピンナドン ナル ソジュンヘットン スンガン
눈부시게 빛나던 날 소중했던 순간
まぶしく輝いていた日、大切だった時間

キルマダ パレジン クリウムル ッタラ ット ゴンヌンダ
길마다 바래진 그리움을 따라 또 걷는다
道々に色あせて懐かしさを追い、また歩くんだ



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ 歌詞 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫