6/17「一晩のTV芸能」に登場したスンギくん☆

 2015-06-18-06:00
スンギくんが、「一晩のTV芸能」に登場しましたね☆


o061801


日本語もしゃべっていましたね(^m^)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


元の動画はありがたくお借りしましたm(_ _)m






簡単に、だいたいこんな感じで・・・



バラードの皇太子が戻って来ました!

「すごく緊張して、ワクワクしますね。」

2年7か月ぶりに歌手として戻って来たイ・スンギさん。

カムバックと同時に音楽チャートをオールキルしてファンの心をワクワクさせるこの男に会いました。



「2年7が月ぶりに歌手として戻って来たのではないですか?」

「はい、6月が、バラードが勢いを見せるには不利な時期にも関わらず、夏にバラードを一度出してみました。」

「海辺で遊びながら~」

「ぐったりとうなだれながら・・・悲しげに一度」


「それで準備しました。夏にダンス、秋にバラード。これは食傷ではないですか?

これを誰が壊しますか?」

「僕が一度、壊してみなければでしょう。」


「夏にダンス、秋にバラード」と書かれた板を見ながら

「これ、本当に壊すんですか?」

「イ・スンギさんがこの偏見を壊します!」


見事、一度のパンチで板を割って

「思ったより(大したことは)・・・」

皇太子の体面を保ちましたね!



カムバックするやいなや音楽チャートを席巻しました。

「願っていなかったと言えば、ウソになるでしょう。

本当に、ぴったり(チャートが)オープンしたその日から、順位しか見えません。

音楽が良いとか悪いとかは必要ないです。

これは順位だ!と」



「今回のアルバムを一言でいうと?」

「僕は、高クォリティーだと思います(照れ)

本当に、高クォリです。

感性を掘り下げる事が出来る・・・」



「だからこういう写真を撮ったんですか?」

と、アルバムジャケットの写真を見せるインタビュアー。

「指の位置がちょっと曖昧に掘り下げてますね」

「僕が思うに、ポーズ(手の位置を)をどうしようかって思いながら、
この袖口のあたりで迷っていて、ここ(あごの辺り)に上げようとして
Tシャツに引っかかったんでしょう。」


「そうしてその後には・・・」

「歯でかむことも出来ますよ。」




「イ・スンギさん、今年でデビュー何年目ですか?」

「11年になりましたよ。」

「もう中堅ですね。

18歳でデビューし、歌を歌えば歌、演技をすれば演技、バラエティをすればバラエティ。

多方面で多彩な姿を見せているイ・スンギさん。

彼について、1枚で整理してみました。」


スンギくんの”履歴書”が書かれた大きなパネル登場。


「うわ~、なんでこんなに多いんだ?

これ、後で整理して僕にくださいよ。

僕も知らない事が多いから。

これはどうやって知ったのですか?」



「噂:本物の皇太子説」という事で「全州李氏ヤンニョン大君派19代孫」と書かれている。


「これは、皇太子一族の地方があるんです。本当によい地方だそうですよ。」

「僕が思うに、全州李氏ヤンニョン大君派は何百万人もいますよ。

このころ子孫が本当に多かったそうですよ。

ともすれば全州李氏はみんな王族だというから。」




「外国語能力、英語、”上”。日本語、”上”。」

「僕が思うに、日本語はショッピングと食事に関しては”上”ですよ。

全く通じない言葉がありません。

(日本語で)”サイズください”とか、”ブラック(日本語的発音)”。」


「”ブラック”ってなんですか?」

「黒です、ブルレック(韓国語的発音)。

いくつか知っていれば大丈夫です。僕が使う言葉だけ。」




「能力値を見れば分かることは・・・

唯一マイナスに引っくり返っているモノがあります。

ダンス実力!

完璧なオトコに足りない、たった一つのもの・・・」


「僕が考えていたほどは(棒グラフが)後ろに行っていないです。

グラフで見るなら、突き抜けて出て行かないといけないから。

人は生きていきながら少しずつ諦めないといけない事が多いじゃないですか?

僕は幼いころ早い内に判断したようです。

これは僕とは合わない、と。」



「でも(アルバムの中に)、<~ハニ?>という歌が興に乗るような感じで?」

「歌詞自体が、僕の黒歴史をデス(DEATH)する内容なので。」

今やセルフ自虐まで。


「僕はダンスチームに任せたんです。

ダンス曲なんだけど、ダンスがたくさん入っているから、これを省こうって。

お前はこんなに踊れない、って(言われた)。」


「EXIDのハニさんとどういう関係が?」

「ああ、タイトルが<~ハニ?>だから・・・

なぜ<~ハニ?>になったかと言うと、実はバク・ジニョン先輩が歌った<HONEY>の、

2015年バージョンとして可能な限りコンセプトを掴んでみようと思って<ハニ>で始めたんだけど、

急にハニさんがすごく浮かんできたんですよ。

それで、波型(~)を付けて。」


「もしハニさんがこの歌のダンスを踊ってみると言ったら?」

「喜んで賛成しますよ。

そのうち<走れ、ハニ(アニメ)>が後ろで~」


「全てのハニさんが出動するスンギさんの舞台も期待出来ますね。」



「経歴がすごく多くて、主だったものだけにしたんですが」

「この程度あれば良いんじゃないかと。

履歴書をビッシリと書くことが出来るじゃないですか。

芸能人でなくても、食べて生きていくには支障はないのではないか思うぐらい。」



「こういう賞を一度受けてみたい、というのは?」

「大きく”大賞”は一度行ってみないと。」


「その”大賞”は、演技大賞?歌謡大賞?芸能大賞?」

「夢を大きく持つのは悪くない事ではないから、初の3つ同時に一度・・・」



「万能エンターティナーらしい抱負。

その前に、センスを一度見てみましょう。」

与えられた時間はたった1分。

本人の作品をどれだけ覚えているか?

”子音クイズ”を始めます!

ㄴㅎㄷㅇㅍㅇㄷㄷ

「何だよこれ!?歌のタイトル!?

ナハドオパ???何だよ?

ドラマのタイトル?

僕、こんなドラマやってないのに?

・・・너희들은 포위됬다!(君たちは包囲された)

あ~!」




ㄴㅇㅈㄹㄴㄲ

내여자라니까(俺の女だから)と、すぐに正解◎



ㄴㅇㅈㅊㄱㄴㄱㅁㅎ

「ドラマ?こんなのやってないのに?

こんな長いタイトルのはやった事ないのに?


・・・내 여자친구는 구미호!(僕の彼女は九尾狐)」




その後3問は正解。



ㄷㄷㄹㄷ

「ドルドルロード???」



ゲームオーバー・・・



「全部あるんですか?これなんですか?

되돌리다!(戻す)

僕、なんて言った?ドルドルロード?

いや、こういうのは、文字が問題なんだよ。

ㄱㅎㅎㅈㄹ

ㅎㅎは”フフ”に見えるんですよ~

결혼해줄래(結婚してくれる?)・・・」




いつの間にかデビュー11周年。

”国民の弟”から”カッコいい男”に成長したイ・スンギさん。


「TVをご欄になっている方が、イ・スンギを思い出したり見たりして、力を受けてくだされば嬉しいです。

それ以上にやりがいのある事はないと思います。」


これからの姿にさらに期待します。



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・



「ブラック」を日本語風に発音してるのはさすが!

日本のお店で韓国風に「”ブルレック”ください。」って言ったら、通じなかった事があったのかもですね~



でもって、自分が出演したドラマのタイトルをほとんど覚えていないって、どゆこと!?(;´▽`A``

さらには、最近の代表曲<되돌리다>を「ドルドルロード(あえて訳すなら、ガタガタ道?)」って・・・(笑)


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ その他 トラックバック(-) コメント(3)
タグ :
コメント
【】
K 改め れん です
インタビュー訳有難うございます 
曲出してから順位気にするって とにかくフアンに届ける事しか考えていなかったんでしょうね 嬉しいですね 歌詞 どれを読んでも心に刺さります 
映画の時 ラブコメの興行規模 あとで知った的な事言われてましたが
こういう所がスンギ君で頼りなくもあり憎めない所でほっとけなくず~っと応援したくなるんですよね
 
今日2度目の映画観てきました 
その後 マカロンに刺激されて(笑)ホテルディナーバイキングに行ってきました
ダブルで幸せ
 
【2015/06/18 21:41】 | れん #- | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/18 22:33】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★れんさま
わぁ~い、HNをありがとうございますo(^o^)o

スンギくんは、気にするポイントが他の人とはちょっとズレてるのかもですね!?
こういう短いインタビューだけでも、気の利いた事を言ったと思ったら思いっきりトボケていたり・・・飽きないし、憎めないですよね(^m^)

映画&スイーツ、最強の組み合わせですね♪
ホテルは雰囲気も落ち着いていて、イイですよねp(^-^)q


★Hさま
いくら自分では「高クォリティ」だと自負していても、やはり世に出した以上は、世間の評価が気になるでしょうね~

韓国語は母音が多くパッチムもある分、外来語の発音が日本語よりもより本来の音に近くなるんですね。
Blackは블렉(ブrレk)という発音になるようです。
スンギくんが日本語風に「ブラック」と言ったら、インタビュアーが「ブラックって?」と聞き直したのはつまり、日本人が韓国に行って、英語だと思って「ブラック」と連呼しても通じない可能性が高いという事ですね。
他にもスンギくん関係で最近よく出てくる言葉を例にとると、例えば「アルバム」は韓国語では앨범(エrボm)と発音しないと、通じません。
外来語、意外に厄介なんです(;^ω^A

昔見ていた画像でスンギくんが歌っていたのに、全くスルーだったんですね。
きっと、ピン!と来るのも”タイミング”なんでしょうね~
今、出会えた奇跡に感謝!ですね(^_-)-☆

賞はあくまで結果だから、いつか3大大賞が取れるよう、これからも多方面で活躍してもらいたいですね!
【2015/06/19 01:17】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫