<fun fun today>前半☆

 2015-07-10-21:15
スンギくんが出演したキム・ヨンチョルさんの<Fun Fun Today>

すでに音声で聞けるようになっていますね♪

パソコンからなら、SBSのHPで聞けるかな?


r070905


改めて聞き直してみたら、結構細かいところを聞きもらしていたようです(;^ω^A

それでもまだ、分からなかった部分もありますが・・・

とりあえず前半を、簡単に訳してみました。

例によって、”だいたいこんな感じ”程度に見ていただければと思いますm(_ _)m

もし間違っている部分とかあったら、教えて頂けるとうれしいですm(_ _)m


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


ヨンチョル:'フンナム(훈남=温かみのある男)'という言葉がすごく似合う심쿵(ドキドキする)外見と、”ホダン”という言葉も新鮮に見せてしまう脳がセクシーなこの男、'뇌섹남 (뇌가 섹시한 남자)'、バラードの皇太子の堂々とした~帰還、いらっしゃいませ!

スンギといっしょに'하니(する)?'



燦々と戻ってきた「国民の弟」から、いまや国民”義理”男と呼ばないといけないようです。

本当に、これ自体は高クォリティな事なのに、僕が低クォリティにしてしまうんじゃないかと気になるのですが、

国民歌手、イ・スンギさんがいらっしゃいました!


スンギ:こんにちは、お会い出来て嬉しいです、<fun fun today>聴者の皆さん。

Hello,everyone,My name is Lee Seung Gi. And you?


ヨンチョル:My name is Young Chul Kim.<fun fun today>です。


ヨンチョル:6集アルバムを発表して、放送活動を事実あまりしませんでした。

スンギ:そうでしょう、はい。

ヨンチョル:それで今SBSで大騒ぎですよ、「キム・ヨンチョルはどうやってイ・スンギを捕まえたのか?」って。

なぜならラジオ出演が、今回初めてではないですか?

スンギ:本当に何年振りかに出ます。

ヨンチョル:今回の活動ではラジオは初めてでしょう?

スンギ:はい、何と言うか、本意ではないけれど特にラジオに出るだけのプロジェクトがなくて。

ちょっと休んでいたんですが、本当に久しぶりにまたSBSラジオだから、昔が思い出されます。


ヨンチョル:<fun fun today>を選択した特別な理由がありますか?

たくさんあるラジオ番組のなかから、断る事も出来ただろうのに。

スンギ:充分に断る事が出来たんだけれど(笑)

実は何年か前のファンミーティングの時・・・


ヨンチョル:去年でしょう?

スンギ:去年ですか?

去年、ヨンチョル兄さんが、僕のファンミーティングの時MCを受けてくださり、「何でお返しすれば良いですか?」と言ったところ、「ラジオに一度出てくれたら嬉しい。」と言われた約束を、かたくなにお忘れにならずに。


ヨンチョル:僕がかたくなに忘れずに(笑)

スンギ:3週間前に話をされて、こういうのは'빼박'でしょう。

ヨンチョル:にっちもさっちもいかず(빼도 박도 못하는)

スンギ:どうしようもなく・・・

でもすごく楽しい気持ちで来ました。


ヨンチョル:そうでしょう!

スンギくんと僕は<強心臓>をしながらさらに親しくなって、お願い事をした事は一度も無かったんですよ。

スンギ:特に頼みたい事も無かったから。

ヨンチョル:そうでしょう、特に。

お金を借りたくても持ってなさそうだし。

でもファンミのMCをお願いして来て、快く。

スンギ:他の仕事があったにも関わらず。


ヨンチョル:とにかく国民”義理”男、”義理”を守ってくれたイ・スンギさん、いらっしゃい。

スンギと一緒に'하니(する)?'。スンギと一緒にしますよ。


今日は、先ほどオープニングで少し英語紹介も少ししましたが、イ・スンギさんの英語実力も後程確認する事が出来るようで、コントも一緒にして、たくさんの話をしたいと思います。



歌手として3年ぶりにカムバックしたんですか?

スンギ:そうでしょう、ほぼ3年、2年半ぐらい?

ヨンチョル:どうしてそんなに長くかかったんですか?ドラマをずっとしていてでしょうか?

スンギ:本当は1,2年に1枚はアルバムを出そうと思っていたのですが、本意では無く去年はドラマや映画や1年中演技活動をしながら、去年は時期を逃してしまって、今年になりました。

ヨンチョル:タイミングが・・・時にはタイミングを逃してしまう事もありますね。

スンギ:本来は昨年1月から企画や準備をしてきたんですが、発売されたのは結局今年6月になってしまいました。



ヨンチョル:今年歌手活動をまた始めましたが、少し前にドラマ<プロデューサー>にカメオで登場をしましたね。

どんな役でしたか?トップスター?

スンギ:ただの芸能人イ・スンギ役で出たんですが、実は台本を見ながら、イ・スンギのイメージを大げさにコミカルにして面白い台本だと思ったのですが、現場に行って演技をしているうちに、「あ、これは僕なのか?」と思うようになり。

「僕は本当にこんな感じなんだろうか?ジキルとハイドのように、僕が放送局で人に会う時こうしているのか?」と思うほどリアリティな台本でしたよ。



ヨンチョル:自分の本当の姿はどうなんですか?

スンギ:どうだと思いますか?

ヨンチョル:僕も、スンギが2人いるような気もするし。

キチンとしたイメージはもちろんあるんです。それはあるんですが・・・

スンギ:でも自分ではキチンとしていないと思うんですが・・・

中間のすごく微妙なところに乗っているようです。




ヨンチョル:とにかく久しぶりにラジオ出演してくれた国民義理男イ・スンギさんと一緒にしているのですが、1曲聞いて、今回の音楽に関する楽しい記事と話でお会いしましょう。

まずどんな曲を聴きますか?

スンギ:タイトル曲の<그리고 안녕>を聞いて始めてもらえたら嬉しいです。

ヨンチョル:なんだかいきなり終わりの曲ような感じですが、「さようなら」と(笑)



♪~曲



ヨンチョル:<fun fun today>、今日はビッグスター・スペシャルです、いらっしゃいませ、スンギと一緒に'하니(する)?'。

イ・スンギさんの今回のアルバムに関する記事も多かったのですが、スンギさんが直接言った語録を僕が英語に変えてみました。

スンギさんがいったいどんな言葉を言ったのか、「え、僕はそんな事言ってない」って言ってもいいですよ、記憶がなければ。

でも僕たちは資料を調査したんですから反論は出来ないでしょう。

最初の記事を見てみましょう。


女性の声で英語でナンチャラ~、と聞き取れず(;^ω^A


スンギ:うわぁ~、発音が!

ヨンチョル:我らの”ミス・ロンドン”(番組の作家さん)

スンギ:ロンドンで勉強して来たという話は聞きましたが、驚きました。

キーラ・ナイトレイの発音のような。



英語を発音してみる二人

発音している女性の声がキーラ・ナイトレイみたいだ、”ミス・ロンドン”ではなく、”ミス・ナイトレイ”に名前を変えるべきだ、と盛り上がります。



ヨンチョル:それでこれは「隙間戦略」という意味なんですが、言った事はありますか?

スンギ:はい、冗談で。多分、<スケッチブック>に出て言った言葉だと。

ヨンチョル:あの時がBIGBANGとEXOの間でアルバムを発売して、本人は「あちゃ」と思ったと。

スンギ:本来夏にはバラードをあまり出しません、基本的に。ダンスやキャッチーな歌をたくさん出すのですが。

ところがあれこれ制作に欲を出していたら発売の時期が遅れたのもあり、かと言ってこのアルバムをまた次の冬まで待つにはあまりにも遅くなるようで、勝負で走ってみよう、と。


ヨンチョル:夏にバラードはどうだ、と?

スンギ:一度してみようと思ったんですが、しきりにBIGBANGとEXOが出てきたりして。

ヨンチョル:それでも、それなりに”隙間戦略”があったんだとか?

スンギ:とにかくいつでも感性的な歌を望む方もたくさんいらっしゃるんだから。

ヨンチョル:イ・スンギのバラードがあるんだから。

나랑 결혼해줄래~

スンギ:それはダンス曲なんですか・・・

ヨンチョル:정신이 나갔었나봐~

スンギ:それもダンス曲です(笑)

悲しそうに歌えばバラードになるのではありません。




ヨンチョル:スンギさんが”隙間””隙間”って言っていますが、僕は外見でも”隙間”市場に魅力があるのではないかと思っています。

気分がどうかは分かりませんが、スンギのファンクラブが大騒ぎするかもしれませんが、カッコいいのですが、イ・スンギさんが外見について何というか、훈남なイメージがあるじゃないですか。

スンギ:彫刻のようだと言いかけて(笑)

ヨンチョル:彫刻のような、という感じはないですね。

負担のない、気楽な暖かいイメージがあります。

スンギ:僕もいつも、彫刻のような、誰が見ても外見だけで勝てるような外見が

ヨンチョル:当然羨ましいでしょう、男なら。

スンギ:でも生きていると、いろいろ多様性があるじゃないですか。趣向も違うし。

僕のような顔が一人いるのも悪くないと。



ヨンチョル:なぜスンギさんが好かれるのでしょうか?

スンギ:気楽さがあるのが、一番長所だと思います。本当に顔には手を加えていないから。

最初は悩みもたくさんしましたが。

同じ彫刻科に行かないといけない?とか。ちょっとさわらないといけないか、とか。

でもそれはすごく怖さがあって、事務所でも望んでいなくて、ナチュラルで来たんだけれど、今はだんだん、自分がデビューした頃よりナチュラルが好まれる時代に向かっているようです、幸いにも。

だから、自然な顔に対する気安さ、いつでも隣で話を聞いてあげられるようなイメージが、多くの方に良いように見て頂いているのではないか、と。


ヨンチョル:イ・スンギさんの言われる言葉は合っているようです。

僕も顔に手を加えたことはなく、ナチュラルさが受け入れられているようです(笑)


ここまで、スンギさんが直接言った言葉について話しましたが、曲を1曲聞いて、2部に行って、イ・スンギさんの演技も見れるようです。

<~하니?>を聞いてみましょうか。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


続く


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ その他 トラックバック(-) コメント(3)
タグ :
コメント
【】
まやさん、こんにちは。

SBSラジオの番組サイトのリンクありがとうございます。
日本からPCで、韓国のラジオ番組が聴けるとは、ネットってホントに便利~

強心臓でずっと共演していたヨンチョルさんとの会話はテンポがよくて、
二人とも早口だけど滑舌がいいので、聴いてて心地いいですね。

会話の内容をていねいに日本語訳してくださり、感謝感謝です。
後半も楽しみにしています(^o^)
【2015/07/10 23:47】 | mochi #- | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/07/11 00:20】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★mochiさま
SBS公式のラジオ”ゴリラ”は、電波の調子が悪くて聞き取りにくい~という事もなく、クリアに聞けてありがたいですね♪

仲の良いヨンチョルさんとの会話は、他のインタビューとかと違って、スンギくんが気楽に話しているのが伝わりますね(^o^)b
確かに二人とも聞き取りやすい話し方なのですが、芸達者なヨンチョルさんが演技がかった話し方をしたりするとイマイチ聞き取れませんでした(;^ω^A
やはりネイティブ同士の会話は、私には難易度が高いです・・・orz


★Hさま
その日のうちに公式HPで番組を聞き直せたのがありがたいです(^.^)v

トークの中でいろいろとスンギくんらしいエピソードを話してくれたりするから、聞き逃せないですよね~♪
<사랑>は他のインタビューでも話題にしていましたが、スンギくんお気に入りの1曲のようですね。
夏にバラードは合わないって言うけれど、スンギくんも言っている通り、夏にバラードを聴きたい人もいますよね(^_-)-☆

昔に整形を考えたって話は私も今回初めて知って、ビックリしました。
デビューの頃から、もちろん年齢を重ねて顔立ちは変わっていますが、ナチュラルさが魅力だと言うのは変わらないですね!

しかし、帽子は・・・汗臭いかも!?と思いました~(笑)
現実的なヤツでスミマセンっっ(;^ω^A
【2015/07/11 13:28】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫