<新西遊記>第16話☆おおまか日本語訳

 2015-09-26-12:00
<新西遊記>第16話は、先週の続きの「靴失踪事件」の解決編と、起床ミッションのその後ですね。

またまた美味しそうなご飯がいっぱい~!!




間違っている部分もあると思いますし、分からなくて飛ばしている部分もあります。

「だいたいこんな感じ」で見ていただければと思いますm(_ _)m

動画の中の(韓国語)字幕は紫文字にしています。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


第16話 ついに明らかになる犯人!そして極と極、朝ごはん!


靴失踪事件

-犯人はこの中にいる-

昨日の晩、誰かが靴を隠した

MISSING

解決編


この中の誰かが・・・靴を隠した犯人がいる!



(ジウォン)一番大きな被害者は

カン・ホドンを疑う・・・


ホドン兄さん!!!



スグン「ホドン兄さんは、明け方4時に起きて、靴を全て隠しておいて・・・」

有力な容疑者、カン・ホドン

スンギ「ホントにビックリした。

僕、スリッパを履いて来ましたよ~」

おかげでスリッパを履いて走って来た


スグン「捨てたのではないですよね、靴・・・」

スンギ「あの靴、新しいのなんですよ!」



(ジウォン)犯人、出て来い・・・

スグン「誰が犯人なのか、靴を見れば分かるだろ?」

ほ~ら!!


ナPD「ホドン兄さんが隠したんだな!

この兄さんだけ(ちゃんとした)靴を履いている・・・!」


ここで、前回のクリップを見た人たちのコメントを一度見てみよう・・・

「スグンだろう、まぁㅋㅋㅋ」(興味なし)

「ふくらはぎがプクプクしていて、スグンみたい」(生物学的接近)

「イ・スンギが確実に違う事は分かった」(ウリスンギがそんなはずないっ)


「犯人はナPDだ~~~~」×4

違う~~~


neic****
「犯人はカン・ホドン。
靴の位置を知っていて、隠した靴を取り出す時
先に部屋を出たウン・ジウォンの様子を伺った。
他の人の靴を隠した理由は、自分が犯人ではないことを見せる為。
イ・スグンは本人が言った事実通り、靴が無くなっているのを察して、
カバンにあったサンダルを準備した。

名探偵コナン登場


決定的な目撃者も登場した・・・


スグン「わ・・・ニシャオミンツ(あなたの名前)・・・」

ホドン(ビクッ)


スグン「4時に起きて、靴を隠して、40分にラインをして・・・!」

ホドンの行跡を分単位で見抜いていたスグン

スグン「僕は敏感になって、ずっと見ていたんですよ。」


俺はお前が昨夜したことを知っている


本当に犯人はカン・ホドンなのか?

(何を言う!!!)


ホドン「お前ら3人、すごく、すごく、ぐっすり寝ていたんだ。」

ジウォン(何を言ってるんだ!!!)「兄さんのせいで、一睡も出来なかったさ!」

スンギ「本当に・・・」


ここはみ~~んなホドンのイビキの被害者たち


昨日の晩・・・

グウォオオオオオッ

フウウウウウ



ジウォン「窓が壊れるかと思った・・・

俺が拍手を何度も打ったのに・・・!」

スンギ「兄さん、それでも最初の拍手は効果があったよ。」

グウォオオオオオッ

フウウウウウ


チャッ!チャッ!チャッ!


(静か)

いびきを止めるのに効果満点の拍手の音


副作用

イビキをかいていた猪八戒が起きた


(この辺り、ウン・ジウォン)

(この辺り、イ・スグン)

(この辺り、イ・スンギ)


イビキが止まったおかげで、他の人たちはよく眠れる


・・・その隙間に乗って、ホドンが静かに起きた


事件の顛末

目覚めたホドン

部屋の隅でなにやらゴソゴソしていたのだが・・・

靴を持って現れた・・・

隠した・・・


ナイキ、アディダス、区別なく、全部隠した

そして自分の靴は

ドアの外にしっかりと隠しておく


最後の靴一足まで全部隠して・・・

グウォオオオオオッ

(ホドンは再び眠った)



(笑うホドン)犯人

ジウォン「あぁ、靴!あぁ、靴!」

(このイカれたヤツは何の悪さもしていませんでした)

ジウォン「いや、靴をなんで、く・・・」


すぐに大丈夫になるでしょう

(すこしだけお待ちください)

画面提供「三食ごはん-イチョン-」




ジウォン「俺の靴!」

ホドン「お前はどのみち自業自得だ!

これはぜ~んぶ、お前が計画したことだ~。

昔、お前のブレインで!」


(宿所)

昨夜、起床ミッションを聞いた直後

ホドン「起床ミッション・・・」

ジウォン「本当に久しぶりにやるな。」

ホドン「誰が勝率高かっただろうか?」

ジウォン「俺!

俺、寝なかったじゃないか。

テントから出られないように、テープで俺が四方全部ぐるっと巻いて・・・

靴を全部取って、屋根天井の上に上げて置いて!」

ホドン「靴、ホントにそれ、たくさんやったな、俺たち、うん?」

ジウォン「お~、本当に、犬悪さ(??)全部やったのに・・・」


この瞬間、ホドンは考えた・・・

「あぁ・・・靴を隠せばいいんだな。」




(食堂)

ホドン「だから、他の人の靴を全部隠して

自分の靴は階段の上に置いておいたんだけど、

もしかして誰かが通りがかりに見るかもしれないと。」


もしかして勘のいい弟たちにバレるかと心配して

タオルでぐるぐると包んで、扉の前にしっかりと隠しておいた後・・・



(起床後)


(靴を見つけたフリ)

(メソード演技)

(そして)

(非常に自然に・・・)

靴ゲット


続いて、被害者陳述

イ・スグン(靴失踪被害者)


「明け方にトイレに行ったんだけれど、靴が無いので、探そうと」


裸足でアチコチ周り靴を探したスグン

ドアの外までくまなく探し、戻った時

あやしいタオルの塊り発見!

足でチョイとついて確認して見たのだが・・・



スグン「タオルが一つ積まれてたから、つついてみたら

先輩の靴があるんですよ!

それで・・・一番上のお兄さんなのに、この靴を僕がどうにかするのはダメだ!と

起きたらこれを探すだろう、と

そういう事にしておいたんですよ、僕は。」

ホドン「違う人が隠したんだと思って?」

スグン「(当然)ジウォンが隠したんだけれど、

一番大きな兄さんだから、部屋の中に隠したんだと思って!!」


だから、そのまま何事もなかったようにそのまま置いておいた。


スグン「(でも、自分たちの靴は)どんなに探しても無いんだ~」

夜中にタンスまでくまなく探しても無かったので

スグン「到底探せなかったんだけど・・・

自分のカバンにこれ(サンダル)がもう1つあったんだよ!

だから、履いて寝たよ。」


(・・・その状況を)

(ウトウトしながら見守っていたホドン)



ホドン「俺はすごく笑ったさ~

お前のサンダルにマジックテープがあるだろ?

スグン「これをあらかじめ止めていなければ~」

(マジックテープだけで3つずつ!)

答えはありません!!




ホドン「(ウトウトしていたので・・・)俺はスグンの靴があんなのだとは知らなったんだ。

でも、夜一人ですごく笑えたのが、

(スグンが)マジックテープをはがしたら、すごくうるさかったんだ。」


それで、そーっと静かにはがしていた・・・

静かな夜に鳴り響いていた。

チャアアッ!

マジックテープの音

チュウウッ

チャアアッ!


そうしてサンダルを履いて眠ったスグン


それにしても、一体・・・


ジウォン「靴はどこに隠したんだ?どこにあるんだ?

捨てたの??」

ホドン「食べた!」


なかなか分からない靴の場所


ホドン「それでも俺はその、とにかく成果はあったんだ。

1等にはなれなかったけれど、ジウォンは押さえたじゃないか!」


ジウォン「?兄さん、1等じゃないの?そこまでして・・?」

ホドン「ダメだったさ!」


ダメなものは、ダメなんだ

-カン・ホドン-



ホドン「スンギのスリッパに押されたんだ!

運動靴をちゃっかりバッチリ履いたのに・・・

ダメだったんだ!」

スグン「僕はでも、個人的にちょっと悲しかったです。

スンギの全盛期の時・・・

体がすごく健康な(!!)時には・・・

木靴を履いても2,30m前を走ったのに!!

なのに、僕が走ったら後ろから来るんだから・・・・」


ふぅ、もう奴も(全盛期を)過ぎたな・・・!!


こうして皆が歳をとった事を確認した起床ミッション



ナPD「とにかく、すごくすごくお疲れ様でした。

1等からビリまで食事費用を・・・」


ミッション結果に合わせて、1等からビリまで食事費用は順位別支給

1等のイ・スンギには・・・



封筒の中のお金を見てニヤリとするスンギ

100元支給(約2,000円!)


スグン「ちょっと!ちょっと!2等は10元(約200円)ですよ!」


2等が10元なら・・・3,4等は?


ジウォン「俺は1元なんじゃないか?

(中身を確認して)わぁ、1元だ!」


(正解、もうゴザを敷きなさい)

1元=180ウォン(約20円)



(ホドン)3等5元(約100円)を受け取り、魂抜ける


しかし、みんな朝ごはんを食べられる金額!


ジウォン、スグンに「兄さんと俺と合せれば11元分食べられる。」


スグン「それはそうだな」

皆さん・・・人はこうやって詐欺にあうのです・・・


スグン「これは昔のやり方だぞ」


(真正を見せて・・・)

みんなご飯を食べに出発!



VJ特~攻隊

人々で複雑に込み合うここは西安、南門近くの大~きな・・・


ホドン「チョ市場!チャオ、チャオ・・・」

中国語で「ッチャオシ」

韓国語では、へへへ「チョ市場」になるようだ。


スグン「わぁ、ここはハンパないな!」


桃から、新鮮な海産物に、各種肉類まで

まさに、無いモノ以外は全部ある、西安チョ市場


スグン「ここに、まだこんなものがあるなんて知らなったよ~」

食べてはみたか!聞いてはみたか!

溢れんばかりの食べ物が人々を誘惑する


カン・ホドン/46.肉愛同好会


「肉のクォリティがハンパないね。」


天下のカン・ホドンも親指をすくっと上げるようにさせる

西安のチョ市場

-朝ごはん列伝!-


起床ミッションの優勝者、イ・スンギさんは


イ・スンギ/29.起床ミッション優勝者


「アゥ、久しぶりに朝のミッションをしたから、やばいよ。面白い。

でも体がすごく腐ったよ・・・本当に・・・」


体は腐っても、腹は減った!

飢えた6パック
(=腹・・・果たして今、そこに6パックはあるのか!?)をひっつかんで、市場に向かうんだけど・・・

迎えたのは市場から出て来た人々


イ・スンギ/29.腹ペコ


「わぁ、にぎやかだけど?」


イ・スンギ/29.目が良い

「あ~~、そこ何か多くの人でいっぱいですね?」

お腹が空いた三蔵の目にパァッと飛び込んできたのは

ウワサの朝の市場の名物、一種の食べ物横町


市場入口からそわそわ

ずらっと並ぶ食べ物の露店たち

ホカホカの饅頭から、サクサクの揚げ物、お粥・・・


スグン「5元!(約100円)」

スンギ3元!(約60円)」

安い金額は「おまけよ~」


スグン「どんな味なのか気になります。」


席について食べてもいいし、

老若男女関係なく門前成市(客が絶えない)


ここが天国なんだな~



(スンギ)(魂抜ける)

金糸餅

西安10大おやつの一つ、油と塩を入れて練った、サクサクと焼いたおやつ


スンギ「これはひとつ、食べてみないといけない。食べてみるよ。」


果たしてその味は?サクサク言ってみな~


イ・スンギ/29.これを食べる為にソウルから来た


「少し・・・コロッケの味!コロッケ~、うん!

お~、これは僕の口に合う!」


(スンギ)(魂抜ける2)

醤香餅(2元)

山椒の粉を入れて練った後、特製ソースとネギ、胡麻をふって作ったおやつ


スンギ/29.絶対味覚


「少しその・・・豆板醤とチリソースを混ぜておいたような味をサッとふっているんだ。

あ~、これ美味しい!」


(魂抜ける3)

列伝3番目のお店訪問

粉蒸肉


スンギ「中に肉が入るようだ」

わずか4元!


腹を空かせた豚が現れた


スンギ、お金をちらつかせて「たくさん買ってください。」


カン・ホドン/46.ぐるっとむしり取りに来た

「5元だけ、ちょっと・・・5元だけ・・・」


イ・スンギ/29.数学出来る

「5元って、兄さんのお金の2倍じゃないですか!」

代わりに、味見のチャンス

スンギ「美味しいでしょう?」

ホドン、スンギの袋を覗き込んで(もっと・・・出せよ・・・)

お前のモノのようでお前のものじゃない、俺のモノのような食べ物



(僕もちょっとちょうだい・・・)

(一口だけ、ちょうだい・・・)

(ちぇっ、お前らだけで食べてさ・・・)



こちらはよだれがあふれる猿
(スグン)

煎餅果子

卵をかぶせて焼いたクレープにサクサクした天ぷらと各種野菜を盛る



スンギ「僕は、ああやってビニール袋にそのまま持ってくれるのがすごく魅力ある。」

スグン「10元がこんなに多いとは思わなかったです。」

10元あれば、2個買って食べても余る

スンギ「あそこ、饅頭を手でこねてるよ、そのまま~」

ニラ、唐麺、肉がどっさりと入った饅頭の餡

即席で生地を押して、平べったくカリっと揚げる炸肉餅


イ・スグン/41.元来好き嫌い激しい


「や・・・こちら(西安)の方たちが僕たちと好みが似ているようだ。

ヤンニョムが・・・ヤンニョムが美味しい!ここは完全に天国だな。」

ディス イズ ヘブン

10元(約200円)だけあれば十分に楽しむことが出来る幸せ


しかし、1元であればどうだろうか・・・?



椅子に座ってうなだれるジウォン

はぁ・・・

(空っぽの封筒を吹いてみる)

(もしかしてお金がもっと)

(・・・あるかもしれないと)

くさる・・・



ジウォンのキックボードに乗ってやって来たナPD

ナPD「駐車預けましたか?」

ジウォン「駐車費を渡さないといけませんか?」

ナPD「1元・・・」

ジウォン「駐車費なんて、なんで渡すんだ!全く!」

(悪徳業者)
(韓流スター)
(詐欺師)


ナPD「駐車預けたじゃないですか。」

ジウォン「俺がパーキングしたんだ!!」

今日・・・ジウォンはうまく行く事がない・・・


ジウォン、タメ息をついて「すごく善良に生きて来たようだ、これまで・・・」


(ウン・ジウォンの各種ミッション残酷史)

2009.06.14 人の旗をくすねる

2009.09.20 同僚を危険な地に追い込む

2009.12.06 靴隠し、落とし穴設置、人の時計の時間を変える

2010.08.22 自然の音を録音しろと言ったのに、ユーチューブの音を録音

2010.11.21 旗を全部くすねて行く

2011.01.23 車のキーくすねる

2011.01.30 無断退勤

2011.03.13 また、人の旗をくすねる

2011.05.15 上岩洞対峙事件

2012.03.05 他のチーム引きずりおろし

2011.07.31 嘘で人のチームを攪乱

・・・・


本当に、善良でした(印)



(台車を引きながら通り過ぎる地元人)タルタルタルタルタルタルタルタル・・・

2015.08.08 ウン・ジウォン、油断してホドンにやられる・・・



三蔵法師は暴走が始まった

公婆餅

卵を入れて油で焼き豆板醤ソースを塗って食べるおやつ

3元で購入


「豆腐脳」もサッと盛り

通りの食べ物、オールキル


テーブルについて


スンギ「いや~、やばいぞこれは!」

全部広げて置いて、皇帝の晩餐


羊肉の骨で肉汁を取り、乾豆腐を麺のように入れて食べる料理

ちょっと酸っぱいながら、胡椒の香りが広がる味


スンギ「僕には合う!」

”ポンチョンロウ”も大きく一口

美味しい・・・ㅎㅎ



スンギ「(愚か者)これ、本当に美味しい。これ!」


数多くの食べ物の中で、イ・スンギ推薦No.1


公婆餅

イ・スンギ/29.絶対味覚


「中に、肉とか入っているんだけど、中にぬってるソースが豆板醤みたいなんだ。

豆板醤を塗るのと塗らないとでは、ものすごい差があるんだ!

これ完全に僕の好みだ~

すっげーうまい!」


豆腐脳(3元)

豆腐に鶏肉のスープと唐辛子油を入れて、スンドゥブチゲと似た味!

イ・スンギ/29.絶対味覚


「朝をこうやって簡単に食べるから、すごく良い。」

簡単に、ひとくくりに6種類


通りかかったスグン「すごく金持ちみたいに見えそうだ、周りの人たちを見ていると・・・

財閥の息子が来たと思いそうだ。」


現地人「マンスール(富豪)だ、マンスールが現れた!!」


スンギ「ウリ、衆生たちはどこにいったのかな?」

腹が満たされたので、衆生たちが思い出された。

スンギ「チュッパッチェはすごく疲れているだろうのに・・・今」


その時間、チュッパッチェは・・・

5元で腹いっぱい食べられる食べモノを探している

食べ物を探して、市場の中へ・・・中へ・・・


生肉でも噛みそうな気勢だ・・・


当てもなく導かれ、入って行く店



ホドン「あの、これはいくらですか?」

店員「3元」

食べることが出来る!


羊肉の骨で肉汁を取り、乾豆腐を麺のように入れて食べる

(先ほど見た)シャオヤオッチョン・フラタンと大きな違いは、肉が入っている点!

ホドンが好きなコリアンダーをたっぷり乗せて~

(においで死にそう)

一さじに大きくすくって

スルスルと入って行く~



ホドン「うん・・・肉!肉!肉が入ってる。」


カン・ホドン/46.肉の鑑別師

「肉のクォリティがハンパないよ。

これ見てみろ、この肉、ざぁ~っと全部、肉肉!

肉が美味しい!」

約60円程なのに、肉が入っていたら

ホドンの口には無条件、美味しい!




ところ変わって・・・麺料理を食べる手元


・・・?

(ナPD)朝ごはん中;;;

ジウォン「絶対に俺の前で食べないといけないの?」

手にポツンと1元


ナPD「いや、お前が食べたがるかと思って・・・」

ジウォン「見なければ、食べたくないさ。」

ジウォンの反発にも関わらず

厨房ではナPDが注文した2番目の料理が・・・


ネギと唐辛子粉の上に油をふりかけて完成される


西安に来たら、必ず食べてみなければならないヤンニョム油ビビン麺



ジウォン(ご主人様)

(一口だけ、下さい)

(待ち焦がれるワンコ)


ジャージャー麺と似ているようで、さっぱりした味!



ジウォン、タメ息(切実な目つき)


ナPD(・・・虹反射)「おいちいぞ。

完全に柔らかい!」

ジウォン「いや、なんでここで2個置いて食べる??」


(スンギ)こいつは6個置いて食べる

ジウォン、近づいて行って「すごく一人でたくさん買って食べているのではないですか?」


スンギ(愚か者)무ㅓ#%^들ㅋ%셨~!ㅠ(^요?

食べ過ぎ中の法師



ジウォン「中にたっぷり入っているのを見ろ!」

スンギ「これは3元。」

ジウォン「食べられないな・・・」


この時、スンギ(100元)を連れて行こうと来たスグン(10元)

金持ちだけで遊ぶ、きたない世界



ジウォン(チラっ)

(様子伺い)


ジウォン「これはなんで、全部捨てるのか?

えぃ、人は本当に、全く・・・」

まるで、最初から自分の場所のように座って

ジウォン「これは豆腐!」

食べ物の名前当て、スピードクイズ

ジュースを飲んで「豆乳!」(正解)

「韓国語で言うなら、スンドゥブチゲ」(正解)

「これ美味しいんだけど・・・?」

「これ美味しい!」

逆情!!!「スンギが全部食べて行ってる!」


ゆで卵の殻をむく手

(ジウォン(ホドンの間違い?)には5元だけあっても・・・)

ホドン「うわぁ、熱い」

フラタンに卵(1.5元)も食べられるし


残った5銭でクルミも1粒買って


ホドン「俺、これ、手もつけてないのに・・・」

ナPDにプレゼントも出来て・・・

ナPD(わぁ、このクルミ)

(渋い!!!)

5元=フラタン+卵+クルミ1粒(ボーナス、ナPD遊び)


しかし1元は食べるもの無・・・


ジウォン「お!お!見つけた!」

その上、全メニュー1元?!

スンギ「饅頭じゃない、完全に?」

包子(パオツ)蒸し饅頭!

正確に1元で購入(肉味)

犬もうけ


この時目に入って来た、通りの理髪師たち


スンギ「髪をここでよく切ってるね。」

道の真ん中で髪を切る、奇妙な光景


ロビエンリパ

-道のヴィダル・サスーン

-丹精に切って差し上げます

-シャンプーは家で


(私が一度、刈ってみます)


スグンがカットに挑戦。


スンギ「どんな感じですか?」

スグン「ここは鏡が無いから、ひとえに信じて刈るんではないのか~」

チュンソプ(人の名前?)登場

担当先生の飛び回るハサミ


スグン「耳、あるか?耳はまだ残ってるか?

このお母さんをイカジャ(美容室)にスカウトしなければいけないだろうか?」

ジウォン「兄さんがこれまで通った美容室より一番良いよ!」

妖怪から人間の容姿に変身

スグン「ハンサ~ム?」


通りがかりのおばあさん(ハンサムなんてモンじゃない)


殺伐とした髭剃り刀登場

丹精なスタイルを好む担当先生は

産毛までたくみに髭剃り


スンギ「このお母さん、手の技術がハンパないよ。」


完璧な仕上げ

スンギ「兄さん、僕が見るに、韓国から来た時の髪型よりずっといいよ!」

スンギ&ジウォン「本当に!」

同時に2つOK

スグン「幸いにも理髪費残ってる。

こんなにお腹いっぱい食べても5元あるよ。」

理髪に髭剃りまでしてくれたのに・・・

たったの5元(約100円)


通り過ぎるオートバイのミラーで確認;;;


スグン「本当に良く刈って下さってる!」

スンギ「兄さん、すごくスッキリしてる。」

今日から、スグンの専属ヘアデザイナー先生

スグン「本当に達人だ」




スグン「や~、ここは本当にありえないな。

どうやって1,800ウォン(約200円)で(食事+理髪)全部出来るんだ?」

ジウォン(食べ惜しみ中)「兄さん!一つ180ウォン(約20円)の饅頭、肉饅頭!」


理髪までして、気分まで爽やかになった

気分良く宿所まで戻ったのだが・・・



ジウォン「あ~、靴!!!」

(このままだと)

(一日中スリッパを履いて歩き回らないといけない状況)




スンギ「(取り調べ)兄さん、それで靴はどこに隠されたんですか?

(審問)靴はどこに隠されたんですか?

(懐柔)僕がひとつごちそうしながら聞いているんですよ。」

ホドン「部屋の中にある!」

スンギ「・・・部屋の中ですか?

なんで見えなかったんだ?タンス?」

タンスの中はもちろん・・・

部屋の中すみずみ

どれだけ探しても無かった靴・・・


皆さんは見つけられましたか?



(外から部屋の窓を見上げて)・・・ここにあるじゃん??


外に出たジウォン「は~、ここから見ると見えるな!」


止まったら初めて(外から)見える物たち

-チュッパッチェ-



ジウォン「靴を見つけたぞ!

あ~、外から見たら見えたのに・・・」

(ホドンの偽装)

ジウォン「自分の靴も隠してる」


(靴も回収します)

スグン「とにかく、幼稚パンツじゃないか?先輩・・・」



スンギ「あ・・・ホントにすごく善良になった。

これ(反則)を全然考えもしなかったなんて・・・

すごく長く・・・戦場をすごく離れていたよ。」

ジウォン「俺は考えはしたんだけれど、他地だから何もしないでおいたんだ。」

外国だから・・・(我慢した)

(外国だから、しばらくイカれたモードを消しておいたら・・・)

チュッパッチェが打って入って来た



そして、ようやく明らかになる

ホドン、午前4時のラインスタンプの真実、



ホドン「あ・・・俺、昨日これ、携帯を触っていたら・・・

スタンプを触っていたら、間違って送ってしまったんだ!

送られるとも知らずに・・・

それで・・・エィッ」


夜中はやたらにチャッティン部屋出入りする


(ホドン、最初のスタンプ)

間違って送った



(暗闇の中で誰かの携帯が光る)

団体転送されたㅋ


もしかして、変だと思われるかと思って

(わざと送ったフリ)

3分後にもう一つ、送った


(ライン画面)「チュ~ッパ~ッチェ~~♡」


3分間ものすごくぐったりしていた



ホドン「いや・・・努力に対比して3等はちょっとじれったいな。

2等ぐらいにはなれたのに・・・」


ダメなものは、だめなんだ

-カン・ホドン-



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


いや~、それにしても、長いけどっ(T_T)面白い!!


靴失踪事件は、ナPDが仕込んだのかと思いきや、まさかのホドンさん!


起床ミッションに勝つために、そこまでやっちゃう人たちなんですね~

<1泊2日>の事はよく分からないけれど、さすが<1泊2日>仕込みのメンバーたちってトコロでしょうか!?


結果は私の予想とは違ったけれど、1週間の間アレコレ考えるのが楽しかったです♪


そして、その後の朝食も、美味しそうなご飯と、それぞれの悲喜こもごもをうまく見せていますね◎

私も200円で朝ご飯食べてみたいわ~ん!


正直・・・<新西遊記>の企画を聞いた時に、「そこまで面白い作品が作れるのかしら!?」って思っていたけれど、ここまで、いい意味で裏切られて続けています◎

興味の無かった中国にも、何だか行きたくなってみたり!?


解読は面倒だけど、字幕まで全部分かった方が断然面白いから、やっぱり時間かかっても、じっくり見て行こう(^m^)



動画は公式から見て、再生回数に貢献しましょうね~=33

無限反復クリックGO!GO!


パソコンで見る場合は、ネイバーメディアプレイヤーにて、日本からでも公式動画が見れます◎

Naver Media Player設置方法


スマホの場合は、Naver Star Cast経由で見れるかもです☆


公式HP

facebook


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ 新西遊記 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
【】
こんにちは
細かな所まで有難うございます
お陰で面白さガンガンに伝わってきます
1泊2日も色々メンバーがしでかしてくれるので何年たっても未だに笑えるのですが
あれから3年・・・ また再会できて今とても幸せです
まやさんも楽しんで訳して頂いているという事が余計嬉しいです
お世話になるばかりでごめんなさい
有難うございます
 
【2015/09/26 14:07】 | れん #- | [edit]
【れんさま☆】
こんにちは!

動画の中で紹介されていたジウォンさんの”残酷史”を見るだけでも、相当いろんなことやらかして来たんだな~って分かりますね(;´▽`A``
昔を知る人たちは、時間が経っても変わらない部分を懐かしみながら、時間が経って変わった部分に驚きながら楽しみ。
昔を知らない人たちは、彼らが昔どんなだったのかに思いを馳せつつも、今の状況を単純に楽しめる・・・という感じでしょうかね~
【2015/09/26 23:14】 | まや #r10PBekw | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/09/28 23:22】 | # | [edit]
【Nさま☆】
こんにちは!

辞書にない言葉、多いですよ~

例えば日本でも、「あぢぃ~」って書いたりしますよね。
ただ「暑い」って書くよりも、ジリジリと暑いような、暑さでバテてしまいそうな・・・という感じがあるでしょう?
でももちろん、そんな言葉は辞書には載っていないし、外国人にとっては、それが例え「暑い」という言葉が変化したものだって事までは分かっても、それ以上の微妙な感覚までは分からないと思うんですね。
<新西遊記>の字幕には、そいういう言葉がすごく多いんです。

美味しそうに食べているスンギくんを見てるだけで、こちらも楽しくなりますね(^m^)♪
でも、結構味にはうるさそう!?

非公式の動画はどんどん削除されますが、公式の動画はずっと見れると思うんですけどね。
【2015/09/29 00:39】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫