<新西遊記>第21話☆おおまか日本語訳

 2015-10-03-12:00
<新西遊記>第21話、ドラゴンボールミッションも、いよいよ大詰め~


間違っている部分もあると思いますし、分からなくて飛ばしている部分もあります。

「だいたいこんな感じ」で見ていただければと思いますm(_ _)m

動画の中の(韓国語)字幕は紫文字にしています。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


第21話 最後のミッション!ホドンにかかった運命!


窓の外を見るスンギ「雨は止んだな。

雨が止んで良かった。」


一番最初に撮影準備を終えたスンギ

スンギ「ああ、お腹空いた。

昨日の夜市場のポックムパプをすごく食べたい、もう一度。

本当に、中国で食べたかった味にここで会えたんだ。」


スンギ「おじさん、営業してくれなきゃいけない。」

スグン「日曜日なのに、休まなきゃいけないんじゃないか?」

スグン、ジウォンも出勤完了


ナPD「最後にカン・ホドンさんが出勤されます。」

一同「あなたの名前は何ですか~!?」


ホドン、部屋に入って来ながら、(きまり悪い・・・)

ホドン「準備が出来てなかったのに、一発で(?)合わせてくるから(ㅎㅎㅎㅎ)

どうしよう、タイミング、拍手が合わないといけないのに。」



メンバー全員、出勤完了

ナPD「今日は実は公式撮影最後の日です。

皆さん、ドラゴンボールはいくつでした?」

一同「4個!」

ナPD「あと3個を集めてこそ、願いを聞いてあげられるんだけれど

今日は、スッキリとドラゴンボール3個を差し上げます。

イ・スグンが一つ引き受け!

カン・ホドンが一つ引き受け!

法師様と沙悟浄は1チームになって一つ引き受ける!」

ホドン「それなら、1番にもしスグンが出て、スグンが失敗したら終わりだな、そのまま。」

ナPD「終わり!断じて、終わり!」

スンギ「だったら、再挑戦、他の事が何か開けるとかは無いんですか?」

ナPD「失敗した!・・・俺は後のトークもくっつけないさ!」


失敗した瞬間=新西遊記エンディング


ナPD「挑戦順序をまず伝えますよ。

1番、カン・ホドンさん。」


1番打者、チュッパッチェ


ホドン(鳥肌;;)「やめろよ~~」

スンギ「悪くない、悪くない」


ホドン、スグンにあたる


スグン「こんな風にいきなり怒るあなたは・・・」

一同「あなたの名前は何ですか!」

後ろを向いて、チュッパッチェダンスするホドン


4日目にして、チュッパッチェ放電・・・


スンギ「兄さん、いつも一生懸命しなきゃ。」

ナPD「実は、私たちが今回<新西遊記>を撮りながら、コーナーの中にコーナーが出来ましたよ。」

別名”カン・ホドンもするのに!”


(サブウェイにて)ホドン「コーラーが英語で何だった?」

1弾 ハンバーガー・テイクアウト、成功


2弾 ATMでお金引き出し、(手伝ってもらって)成功

3弾 ATM単独挑戦、失敗



ジウォン「あ?俺たちあの賭けをやらなかった。」


(車の中)

ホドン「お前もATM機で絶対にお金を出せない。」

ジウォン「俺は出来る~」

ホドン「お前が成功すれば、俺が持っている全財産をやるよ。」

ジウォン「コール(やる)!」


(部屋の中)

ジウォン「AT・・・ATE?ATM?」

ホドン、ジウォンを肘突き

終わった話だろ、それは


お金を得ようとして、肘突きを得た


立ちあがって、片足を後ろにそらせて痛がるジウォン(スパイラル~)


スンギ、その姿を見て「キム・ヨナかと、キム・ヨナかと~」


スグン「横で見てるこっちも痛いよ。」

ジウォン「いやでも、神経は生きているな、まだ。

こうやって伸びるところを見ると。」

スンギ「健康だね、健康!」


ナPD「”ホドンでもするのに”って、多くの国民に、カン・ホドンさんが勇気を与えているんですよ。」

不本意ながら、勇気のアイコンになる


ナPD「”ホドンもするのに!”が今日の最初の挑戦です。

カン・ホドンさんがこの挑戦に失敗したら、このプログラムはどうなりますか、イ・スンギさん?」

スンギ「終わり!本当に終わり!」


プログラムの死活はチュッパッチェにかかった。


ホドン「そうすると、失敗をした。失敗を一度してみろ。」

失敗!

ホドン「そうじゃなくて・・・」


(画面容赦なく暗転)終わり


ホドン「あの、監督!」


(画面容赦なく暗転)終わり

ジウォン「わぁ、人生が終わる気分だ。」


スンギ「でもこれは本当にちゃんと出来ないといけないな。」

不安げな三蔵

スンギ「兄さんは本当に無条件、成功しないといけませんよ。

まず兄さんは無条件成功しなきゃいけなくて、2番目まで行かないとでしょう。」

三蔵がたたみかけるほど、表情が硬くなる八戒だった。


ホドン「ジャンルが何ですか?」

ナPD「”ホドンもするのに”、今回のジャンルはIT。」

ホドン「オーマイ・・・デープ(?)」

ナPD「最近ITの勉強も少しされているようですが?」

ホドン「Damn(ちくしょう)じゃないか、Damn。」

(焦って、英語が出てきた;;)


スグン「ITはやめてくださいよ。

昨日、ビル・ゲイツのせいで衝撃を受けたのに・・・(19話参照)

シルベスタ・スタローンㅋㅋ」

スンギ「ITの父も知らないのに。」


ナPD「でも、僕たちもこれは緊張するんですよ、実は。」

これは、やってみた事がある人には非常に簡単なミッション


ナPD「僕たちはカン・ホドンさんがやった事ないと考えているけれど、

予想外にこの兄さんが・・・」

スグン「したことなければ本物。」

スンギ「(いやいや)予想外にもっと、やったことがないです。」

ジウォン「あのラインのスタンプだって、中国に来て初めて見たんだ。」

スグン「今、ラインのおかげで楽しんでいらっしゃいます。」


中国に来てライン伝道師になったチュッパッチェ


スンギ「(ホドンの真似して、方言で)兄貴、兄貴!ラインひとつやりましょう、兄貴。」

ホドン「でもすごく笑えるのが、ラインをやろうって言ったんだけど

皆、似た者同士じゃないか。

”うん、分かった、今日中にやるよ。”って。

”今やってくださいよ”って行ったら、”分からないんだ”って。

家に帰ってから・・・て。」


スンギ「兄さん、もう始めますか?」

ホドン「ここでするのか?」


挑戦場所は、まさにこの場所!


ナPD「なぜなら、瞬間で終わって、私たちはそのまま撮影を終わらせようと。」

スグン「いいでしょう。兄さん、行きましょう。ファイティン!」

ホドン「ITをする・・・俺がIT・・・」

スンギ「気を楽にして。」



ナPD「さぁ、始めましょうか?

カン・ホドンさんのミッションは簡単です。」

何かを受け取るナPD

ナPD「今から、残りの3名は話すことが出来ません。


(スンギ、ナPDが受け取ったモノを見て)あ・・・あれは・・・?

(スンギ、立ちあがってホドンに合図)兄さぁ~ん!!

(ホドン)スッとスンギの方を見るやいなや

ホドン「タイム!タイム、タイム」


急だから、本能的に昔のやり方が出る

(ウンコするのに、なんで寝室に行くのか・・・)

(ナPD、慌てる・・・完全に犬慌て・・・)



スンギ、戻る


ナPD「残りの3人はソファーに座って下さい。

口をすぼめましょう。」

ジウォン「何だよ、何だよ、何か来たのか?」

スンギ「来たよ、僕、分かったんだ。

僕らが今、毎日していた、僕が!

毎日(メイル)していた!」

ホドン「メールをしていたって?Eメール?」

スンギ「違う、そのメールではなくて、エブリディ。」

ナPD「さぁ、”ホドンもするのに!”第4弾。」

<ブルートゥースは私の友達>

スンギ「僕が毎日してましたよ、兄さん・・・」


スグン、立ち上がり、ホドンとハイタッチ。

落ち着かなくてどうしようもないのに、ハイファイブ


ホドン「何なのか分からない。」

(ブルートゥースでどうしようってんだ?)

ホドン「これは携帯電話なのに。」

スグン「さぁ、OK!」

ナPD「とりあえず合わせて、ブルートゥースを使ってみようと思います。」


スンギ「でもこれ、繋がらない事も多いぞ。」


集中しようとしているのに、何だか邪魔をする

スグン、ジェスチャーで応援(?)しようとするが・・・

結局・・・

ホドン「おい、じっとしてろ!」


私ども<新西遊記>制作陣は、暴力のない世界が来ることを

心から願います。(申し訳ありません・・・)



スグン(これは、生きる為の道術ㅋㅋ)


ホドン「分からなくて死にそうなのに・・・しきりにやって来て

今、聞こえないのに(?)いるんだ」

スンギ「僕が殴られるかと思いましたよ。」

スグン「(ホドンが)技術的なのは、強くする時は、急所は殴りません。

この辺は大丈夫です。」

ホドン「いや、今やっているのに・・・

悪かったよ・・・」

ホドン、手を差し出す

スグンと握手して「1,2,3、チャヨ(頑張れ)!」


スンギ「兄さん、ゆっくりとね、ゆっくりと。」

ジウォン「でも、やり方知ってるよ、俺は信じる。」


ナPD「なぜなら、ホドン兄さんは昔のホドン兄さんではないから。

携帯電話も最近変えたじゃないですか。」

なぜなら携帯電話の番号も010!


<ミッション内容>

スマートフォンとスピーカーをブルートゥースでつないで音楽を再生しろ!



ナPD「連結させないといけません、ライン無しで。」

ホドン「無線で?

そうだろう、有線ノー、無線!」

ナPD「表情を見ると、知っているかもしれないけれど?

私がやってみたところ、つなぐのに20秒ぐらいかかって」

スンギ「それは毎日しているから!」

(すでに繋いだことがある機械はちょっと早く連結可能)

今回は初めてつなぐから、たっぷり・・・1分!


ブルートゥースとスピーカーの連結・・・

我々が直接やってみたんですけどね。



(右のスマホは、ストップウォッチ)

まずスピーカーの電源を付けてください

その次に、スマートフォンでブルートゥース・モードを付けてやります。

検索!

一覧にスピーカーの名前が検索されたら、それをタッチ!

Connected!

あとは、いち早く音楽を再生すれば、ミッション終わり!

やったことがある人なら、1分もかからない簡単なミッション!



スンギ「それ・・・OK、OK。

とにかく、つながればいいんでしょう?」

ホドン「インターネットでするのか?」

スンギ(悲しい予感が押し寄せる)「違いますよ・・・あはは・・・

えらいこっちゃ、心が重い・・・」

ホドン「ブルース(?)は聞いた事がある!」

ジウォン「何だって?」

スンギ「ブルートゥース!」

ジウォン「ブルースじゃなくて、ブルートゥース!」

ホドン、ジウォンを睨んで(カッ・・・)


(これは、目つき条件反射)


ジウォン「あー、もう見るだけで痛い。」

事実上、殴られたも同然

スグン「立っていることが、殴ってくれっていってるようなもんだ。」

(殴られるベテランの助言)


ドラゴンボールMISSION

ブルートゥースは私の友達

西安で繰り広げられるドラゴンボール大長征!

バラバラになった7個の球を集めなければいけない。


時間制限個別ミッションで1個

ブランドクイズで1個

写真撮影ミッションで2個


あと3個集めると、願いが叶う!


チュッパッチェ・・・

彼に妖怪たちの運命がかかった



スンギ「気を楽にして、ファイティン!」

ジウォン「信じる・・・やり方を知っているよ・・・」

スグン「信じる!」

ナPD「3,2,1・・・」

ミッションスタート!

スンギ「ゆっくりと」

ナPD「話してはいけません。」


ホドン「電源は入っているんだろ?」

スンギ、口をキュッと結び、手を振って「ンンン・・・」(電源から入れないとだめだ!)

ホドン「これを押さないといけない?何だよ?」

難航は思いがけない場所から始まった

ホドン「電源はどこにあるんだ?」


(もしかして、音声認識かもしれない)

ホドン「電源!電源!

あ・・・ここにあるな。」

スンギ「”電源!”と言ったからって、電源が入りますか?・・・」

27秒にして電源入れに成功・・・

ホドン「早く、早く来いよ(?)

カモン!」


口を堅く結んだスンギ(イライラして、たまらない)


ホドン「俺、これダメなんだけど、先生、俺これダメだよ・・・

ダメだ、ダメだ、これ、来ないじゃないか~」


(もしかすると、これはスグンの最後のワンショット・・・)

ナPD「さぁ、残り10秒ですよ。」

ホドン「これ、出てこないのに。・・・検索しないといけないのか?」


時間終了!


ホドン「あの、ナPD・・・」


ナPD「さぁ、お疲れ様でした。プログラム・・・」

終わり


これまで視聴してくださり、ありがとうございます。





スグン「もう全部終わったのに。真っ黒に映ってますよ、今」

スンギ「真っ黒で、音声だけが出ているのですか?黒い画面に?」


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


ホドンさんが出来ないだろうと予測して1番打者にするなんて、結局ナPDは、最初からドラゴンボールを渡す気が無かったんですね。

やり方を知らない人が、それでも四苦八苦しながら挑戦して、偶然にも出来た!とかだと、それはそれで面白くなりそうにも思いましたが、それならもう少し時間を与えてあげるべきでしょうし・・・

スグンさんの言うとおり、クレーム来るかもですね・・・本気勝負の番組だったら(;^ω^A

 (追記)↑すみません、これは次の22話で出て来る話でした・・・


しかし、スンギくんがすっかりスマホを使いこなしている様子を見る(聞く?)たびに、<花よりお姉さん>の頃を思い出します。

あの時はスマホで地図や天気予報を見る方法すら知らなかったのにねぇ~!

成長したと言うべき!?



動画は公式から見て、再生回数に貢献しましょうね~=33

無限反復クリックGO!GO!


パソコンで見る場合は、ネイバーメディアプレイヤーにて、日本からでも公式動画が見れます◎

Naver Media Player設置方法


スマホの場合は、Naver Star Cast経由で見れるかもです☆


公式HP

facebook


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ 新西遊記 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/03 13:36】 | # | [edit]
【Cさま☆】
こんにちは!

<花よりお姉さん>でも、Bluetoothのスピーカーが登場しましたね!
「Bluetoothで毎日つないでた」って言ってホドンさんにその時の様子を思い出せようとしているのは、あのスピーカーをつないでいたのかもですね!?

もっと遡れば、デビューして何年かは携帯も持ってなかったスンギくんでしたよね。
何となく機械音痴なイメージがいまだにありますが(;^ω^A、勘がいいから、キッカケさえつかめばあっという間に習得出来ちゃうんでしょうね◎
【2015/10/03 22:34】 | まや #r10PBekw | [edit]
【】
こんにちは
携帯持ってなかったんじゃなくて取り上げられたんですよね
ご存じかもですが
強心臓で事務所のチョ・ジョンリンさんが暴露してました
その理由が可愛くて
同じ練習生の頃スンギ君は高校生で同じ練習生の中でも真面目だったんですが
社長がスンギ君がいる図書館に様子を見に行くという話になり
念の為メールで知らせたら「ヌナ コマウオ」別の日には「いつもいつもありがと(韓国語)」返事
そのうちホダンスンギ君が登場してメールの返信を社長にしてしまったんです
しっかりばれてノー天気にジョンリンさんの車に自転車に乗りながら手を振りながら「ヌナ~」とあの笑顔で近寄ってきた所で車の窓が開き社長登場「ノ ター」(乗れって意味ですかね?)
それから携帯が無くなりました 
ジョンリンさんが「二人とも首になりそうだった」と話されて
全国放送でばらされました 
図書館を抜け出していた理由がダイエット中で事務所に内緒でトッポギを食べに行ってたんです
最近良く食べられない辛さを口にしてますがもうすでにこの頃から戦ってたので愚痴も出ますよね
【2015/10/04 11:36】 | れん #- | [edit]
【れんさま☆】
こんにちは!

携帯電話、そんな経緯だったんですね!?
私はただ漠然と”持っていなかった”という事しか知りませんでした(;^ω^A
やんちゃな高校生の姿が目に浮かびます(^m^)
逆に、どういうタイミングで社長さんに許してもらえたのかも気になりますねぇ~
【2015/10/06 01:18】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫