<新西遊記>第22話☆おおまか日本語訳

 2015-10-03-21:00
<新西遊記>22話、ドラゴンボールミッションは失敗に終わったけれど・・・

終わりって言われた後の方が、力が抜けて、みんな素で楽しんでるかな!?


間違っている部分もあると思いますし、分からなくて飛ばしている部分もあります。

「だいたいこんな感じ」で見ていただければと思いますm(_ _)m

動画の中の(韓国語)字幕は紫文字にしています。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


第22話 全て終わったのに、ただちょっとやってみたクイズ



(真っ黒の画面)

スグン「1分はすごく短くはあった・・・」

(それはそうと)

スグン「マイクを外しますよ~」

ワハハ~

(定時退社を目の前にした者たちの豪快な笑い)

スグン「全部終わったのに、真っ黒に出てますよ、今~」

スンギ「真っ黒で、音声だけ出てるのか、今?黒い画面に?」


このまま終えるには、あまりにも惜しいので・・・

画面をしばらく明るくしてみることにしました。



スンギ「狂いそうだよ、電源入れておいて、”検索”を押さないのか!」

ホドン「終わった事に未練はない、ッテン!」

(もう一度やってみても、どうせ出来ない)

ホドン「俺は残念じゃない!」

ジウォン「俺のレゴを出せ~、俺のレゴ!レゴ買えよ!」

(ジウォンの願いは、レゴを買う事)


スグン「終わったんですか、本当に?」

ナPD「この部分は放送に出ないでしょう。

なぜなら、終わったんだから!!」

ジウォン「じゃあ、俺たち二人は?俺たちの(ミッション)・・・

する必要もないのですか?」

スグン「電源のせいと言うのはちょっとやりきれないけど・・・

抗議が来るかもしれない、これは」

スンギ「考えてみたら」

スグン「新しく買ったTVも電源が分からなくて技師を呼んだりするんですよ。」

ジウォン(やりきれない)「電源は入れて渡さないとだろう」

ナPD「そうすべきだったようだ・・・」

スグン「ㅎㅎ何だよそれ~ㅋㅋ」

ナPD「なぜなら、放送にはどうせ出ないから、僕もただ話しているだけなんだ。

これは僕らだけで話している事なんだ。プログラムは終わったんだから。」

スグン「これは放送されないんですか?」

スグン「(ピー)×××」

スンギ「(ピー)×××」


(アイゴ・・・)

私ども<新西遊記>制作陣は、

正しく美しい言葉を使う社会が来ることを

心から願います。



ホドン「(ピー)×××」


(もう一度、申し訳ございません・・・)


ホドン「ああ、せいせいした!・・・すまないな。適応出来なくて俺がこういうのは苦手で・・・」

スグン「本当に似合わないですね、悪口は。」

ホドン「それでも、しないといけないのに。」



スンギ「ご飯でも買ってくださいよ、ところで。」

ナPD「ご飯?昼ごはんは・・・それでは、私たちが準備したものですから、全部は渡すことは出来ないし・・・

簡単にクイズをして・・・」

スグン「ビリだけ食べられないのか?」

近所の韓食堂で買ってきたキムパプ

スンギ「ビリだけ食べられないな・・・・

絶対に食べないと。すごくお腹が空いた。」

人は4名!キムパプは3本!


(それでも、昼食は渡さないと・・・)

キムパプ・クイズ


ナPD「分かったら名前を叫んで、当たればキムパプを・・・

最後に一人ここに残るでしょう?」

スンギ「ここで食べればいいじゃないか。」

どのみち1等はイ・スンギ

ホドン「すごく難しいのをして、スンギは除いてください。」

(どうせ勝つスンギはさっさと勝負を決めて抜けてくれ、という意味らしい)


ナPD「問題です。」

<三国志領域>

Q:劉備、関羽、張飛が義兄弟を結んだのは、どの木の下でしょうか?


(脳を急き立てる、音のない叫び声)



スグン「スンギ、これは僕らにくれよ、僕たちは皆知らないんだから。」

(スンギは知っている)

スンギ「それなら・・・一度だけチャンスを差し上げますよ。」

ホドン「松の木!」

ナPD「ッテン!」

ジウォン「銀杏!」

これはただ、知っている木の名前を言っている水準・・・

銀杏も、当然、ハズレ!



ナPD「正解は」

スンギ「桃の木」

ナPD「持って行ってください。

さぁ、ここからが本番です。」

事実上、ゲームはここからが本番!

ナPD「ここは劇場ですよ。」

公演名:誰がおバカでしょうか


ホドン「(尊敬)お前は(三国志を)読んだのか?」

スンギ「”桃園の誓い”じゃないですか。

それは”桃”の字じゃないですか。」


スンギ、キムパプを見て「普通のキムパプ」

三蔵はもう、キムパプを食べながら、作品観覧


<三国志領域>

四方を囲まれた楚の国の歌という意味で

敵に取り囲まれた状態や、誰の助けも受けることが出来ない孤立した状態を表す四字熟語は?


ジウォン「ジウォン!」

ナPD「ジウォン!」

ホドン「早く、早く!」

ジウォン「鉄壁防御!」


一同笑う

ジウォン(なんで?違うの?)

ナPD「ッテン!」


ホドン「ホドン!」

スンギ「今日はこういうの面白いな。」

ホドン、立ちあがって、答える前にキムパプを手にする。

ホドン「俺が全く呆れるよ・・・

(ジウォンに)退けよ、このやろう!」

ナPD「さぁ、正解は、1,2,3!」

ホドン「四面楚歌!」


ジウォン(まだ、なぜ間違えたのか分からない・・・)

ジウォン「”鉄壁防御”がダメなのか?」

スンギ「今日、この公演は面白いな~、オープニングから。」

ホドン「イメージ完全回復!

”四面楚歌”でもう全部解決した。」


(は・・・)

ジウォン「四面超過(?)は何か超過された事じゃないのか?」

スグン(こいつも知らないくせに説明中)「四面がもう超過されて(?)・・・」

スグン(続けて説明中)

ジウォン「知ってるフリするなよ、間違えておきながら!」

スグン「僕は一度も間違えていない!おいこら、鉄壁防御が何だよ、鉄壁防御って!

四字熟語なのに!」

ジウォン「”鉄壁防御”も四字熟語じゃないか!」

熾烈などんぐりの背比べ

ジウォン「4文字なのに!

何だよ、四字熟語は4文字だろう!」

スグン(降伏)

ホドン「あ~、鉄壁防御、あ~

でもなんでそんなに自信ありげに”ジウォン!”って叫べるんだ?」

ジウォン「本当にそれだと思ってたんだ、俺は・・・」


ナPD「最後の三国志の問題です。

三国志に出て来る人物6名を言ってください。」


ジウォン「ジウォン!

関羽、曹操、張飛、劉備・・・」

ホドン「ッテン!リズムに乗らなきゃいけない~

せーの!」

スグン「劉備、関羽、張飛、曹操・・・」

ホドン「ッテン!(ジウォンにむけて)せーの!」

ジウォン「いや、いや、やらないよ。」


うん・・・?


スンギ「やらない?やらないって何だよ?

公演のチケットを??しないといけないのに、公演をなんでやらないんだ?」

(俳優廃業宣言に腹を立てる観客)


ジウォン「考えてしなきゃだろう!思い浮かばないのに。

4人ばかり思い浮かぶのに、どうやってまたやるんだ!

何かもう一人出て来てこそ言えるんだろう。」

(それなりの緻密な作戦)

ジウォン「ここ(スグン)が言うのを聞いておいて、あと一人思い出せばいいのに。」

スンギ「インターミッションがあるって、なんで言ってくれなかったんだ・・・」

ジウォンとスグン(無駄にひどく熾烈である)

スグン「いや~、5名までは思い浮かぶんだけれど、一人が・・・」


スンギ「遊園地にあるじゃないか。

中国歴史上一番・・・」

ホドン「おい、それを言ったらダメだ、それはダメだ(ヒント禁止)

ジウォン「おお!それは分かるんだけど!

・・・いや、それでも5名だ。」

ウケるホドンとスンギ。

ジウォン「それでも5名だ。ここ(スグン)で1名叫んだら、終わりなんだって!」

スグン「お?僕はそいつ(諸葛孔明)が分かれば6名なのに。

そいつが分かれば6名だ。」

答えようとして、「あ、その人はここ(?)じゃないか?」

ホドン「どこ?」

スンギ「まずは答えてみて」

スグン「劉備、関羽、張飛、曹操、孔子!」

スンギ「兄さん、孔子はすごく昔でしょう!」

スグン「わざとだよ、一つが曖昧だったので。」


ナPD(笑ながら泣く)


ジウォン「あと一人、あと一人だけㅠㅠ」


スグン「あ!スグン!

劉備、関羽、張飛、曹操、呂布、諸葛孔明!」

イ・スグン、正解!


スグン「呂布がいたんだな~

面白くして、どうしてですか(?)

変でしたか?お腹すいてるんだけど(?)」


(ジウォン)これぞまさに四面楚歌

間違いなく、おバカの中の1等!


努力したおバカの為に、特別クイズをする事に



ナPD「さぁ、ウン・ジウォンさんも努力したから、半分だけ・・・

これは本当にそのままあげようと思っているんだけれど、

ただあげるだけでは、あまりにもルールが無いようだから形式的にこうやって。」


<キムパプ半分>特別クイズ

ナPD「問題を出します。

卓越した軍事戦略家であり、帝王として世界歴史上一番広い大陸を征服した

モンゴルの英雄は?」

ジウォン「エィ・・・チンギス・カン!」(正解)

スンギ「意外なんだけど?」

ジウォン「チンギス・カンは俺が小さい時に偉人伝を何度読んだか。

あの、弓を射りながら馬に乗られる方!」

ナPD「そうです。さぁ、美味しく召し上がれ。」

ホドン「ところで、美味しいな。」


ナPD「ジウォンはこういうのをしてあげたら良いだろうのに。」

ジウォン「漫画に関すること、漫画歴史、そういうの。」


おバカ王のための、お目高いクイズ(ボーナスクイズ)


<ドラゴンボールクイズ>

Q:ナメック星最高長老の息子で・・・


ジウォン「デンデ!デンデ!すぐに出て来るさ!」

スンギ「デンデ!すごい!」


(ホドンにはカオス領域)「何だって?」


Q:ギニュー特戦隊は総何名で構成・・・

ジウォン「5名!」


ジウォン、立ちあがって名前を言いながらポーズをとる

こいつらがギニュー特戦隊

ジウォン「こいつは分からない・・・」

スンギ「それを全部覚えてるんですか、ギニューではなく?」

ジウォン「もちろん!」

スンギ「わぁ、スゴイや!」

ジウォン「一番早いやつ!」(ポーズ)

スンギ「わぁ、スゴイって!一枚うわ手だよ、一枚うわ手!」


ホドン(なんだよ、そりゃ・・・)

ホドン「俺は今、なんだかデンデ(良い)とかアンデンデ(ダメ)とか、そう言ってるんだと思っていたよ。

”デンデ”?人なのか?」


今度は、ドラゴンボール深化問題

ナPD「本当に難しいのです、これはただ、聞いてみるだけです。主観式です。」


<ドラゴンボール深化領域>難易度★★★★★

Q:超サイヤ人になった孫悟空がナメック星でフリーザと最後の決戦を繰り広げた時、

ナメック星でドラゴンボール7個を集めたんだけれど、長老が死んで龍神が出てこなかった。

どうやって龍神を生き返らせましたか?


ジウォン「神龍・・・

地球のドラゴンボールを集めて神龍を復活させて、神龍で神を救って!」


スンギ「スゴイ!」

感嘆しか出てこない


ホドン(いまだに混沌から抜け出せない)

ジウォン「そこからさらに行くと、それが後になると、過負荷がかかるんです。

ドラゴンボールを使い過ぎて過負荷がかかり、ドラゴンボールは壊れる!

龍神はみんな死ぬ。」

ドラゴンボール領域1等級学生


作家「でも、四面楚歌を知らなくてどうしますか・・・」

ジウォン「スンギが弱いことも一つ出してくれよ。」


なので、出したついでに、もう一つ

<追加クイズ>

辛ラーメンカップ麺をかけた、追加クイズ!


<迷信領域>

Q:韓国の鬼神の中で、妻をめとらなかった鬼神は?


スグン、ジウォン、同時に叫ぶ

ナPD「ウン・ジウォン!」

ジウォンが今回は速かった。


ジウォン「お?何だ?チョ・・・チョンガク(独身)鬼神!」

ナPD「ッテン!」


スグン「モンダル鬼神!」

イ・スグン正解!


スンギ「モンダル鬼神は妻をめとらなかった?

顔が白いヤツじゃなかった?」


スグン(自称・迷信専門家)

スンギ「僕は完全に分からなかった・・・」

ジウォン「こいつはこういう事は全く知らないな。」

スンギ(これでも、以前の彼女が九尾狐(クミホ)だったのに・・・)


スンギ「もう一つだけ!」

ジウォン「こういうのだけ出して下さい!」


(スグン)ただちにラーメン試食

ラーメンのスープにキムパプを浸して

麺といっしょにホロロッ


ホドン(美味しそうだ・・・)

スグン「だから人々は、ノンシム、ノンシム(辛ラーメンのメーカー)って言うんだな。」

(ノンシム職員の皆さん、申し訳ございません・・・)

ノンシムの代わりに、ジウォンが復讐をいたします。



ジウォンがリモコンボタンを押し、スグンはビックリして悶える。

「おい、なんで押すんだ、いきなり!!撮影は終わったのに!!!」

(・・・と言いながら、頭の輪っかも低周波治療器もはずしていなかったスグン)


ホドン、笑い過ぎてうまく話せない

スグン「食べてる時にはするなよ。」


スグン「モンダルは本当に知らなかっただろう?」

スンギ「全く・・・」


ジウォン「(次の問題はスグンを)外してやるんでしょう?」

ナPD「イ・スグンさんは外しますよ。コーラをかけて行きます。」


<世界地理領域>

Q:世界四大文明発生地、中国にも一つありますね?

黄河文明、エジプトに行けばエジプト文明。

さぁ、この2つを除いて、残り2つの発生地は?


ホドン「ホドン!・・・・インカ」

ナPD「ッテン!」

ジウォン「明らかに、一つはインドであって」

スンギ「ちょっとまって、じゃあ・・・インド?

スンギ!ガンジス文明?」

ナPD「ッテン!

ではもう一つ教えます。黄河文明、エジプト文明。

インドもまた発生地であるためにインダス文明。」

ジウォン(インド??)

ナPD「残りの一つは?」

ジウォン「インドはでも、俺が当てたんだから、これ(コーラ)半分!」

ナPD「(ヒント)文字がすごく長いですよ!」

ジウォン「お!ミソポテミア・・・みたいな?」

ナPD「ッテン!」

一文字違いで、ハズレ!


スンギ「そうだ、そうだ、聞いたことある!

あ、ちょっと待って・・・ミトコンドリア!」

ナPD「ッテン!」

スンギ「あ、あ、スンギ!

メソポタミア!」

ナPD「メソ・・・」

スンギ「ポタミア!」

イ・スンギ正解

スグン「こいつ(ジウォン)は”オイ”か”アイ”かで間違えたのか?」

スンギ「”オイ”なんだけど。」

ジウォン「それは英語の発音では”ミ”です!」

残念ですが、”メ”が正しい・・・



ジウォン「インド、ミソポタミア、俺が全部当てたのに!」

スンギ「兄さんが当てなかったら僕は全く分からなかったよ、すっかり忘れてた。」


ジウォン(間違えったけれど、それでも完全なおバカではない事は判明)


スグン「全てのラーメンの文明は・・・ノンシムから始まりました。」

奇襲的なノンシム広告モデルアピール

ナPD「いや、瞬間こんな考えが浮かんだよ。

よりによって、スグンさんが・・・

ノンシムが嫌がるかもしれないのに?」


反面、ここ(スンギ)は全然違う感じ

作家「コーラはお祭り雰囲気よㅎㅎ」

ナPD「今コカ・コーラ会社ではお祭りの雰囲気ですね。」


(ノンシム職員の皆さん、ごめんなさい・・・)

スグン、ラーメンを食べながら「ノンシムの立場も考えないと・・・」


なんだか本放送よりもこれがさらに面白いのは・・・

気分のせいでしょう?



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


三国志もドラゴンボールも知らない私にはチンプンカンプン~(@_@;)


ジウォンさんが「ミソポテミア」って言って、スンギくんがそれを聞いて自信満々に「ミトコンドリア!」と言ったのは笑えました(^m^)

てか、私にはジウォンさんが最初に言った発音で正解に聞こえましたが・・・???

ちなみにスグンさんが「”オイ”か”アイ”かで間違えたのか?」って言ったのは、本当はものすご~く微妙な”エ”の音の違いの事を言っていて、それほどに韓国人にとっては音の違いが大きいんだな~と思いました。


しかし、クイズ以前に気になったのが、キムパプに辛ラーメンに、ついでに言うと、前日の安城湯麺・・・という韓国食のオンパレード!

宣伝狙いの意味もあったのかもですが、せっかく外国に来たんだし、たかだか4泊5日・・・現地の食べ物をもっと楽しんだらいいのに~?と思ったり・・・ね(;^ω^A


動画は公式から見て、再生回数に貢献しましょうね~=33

無限反復クリックGO!GO!


パソコンで見る場合は、ネイバーメディアプレイヤーにて、日本からでも公式動画が見れます◎

Naver Media Player設置方法


スマホの場合は、Naver Star Cast経由で見れるかもです☆


公式HP

facebook


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ 新西遊記 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
【】
こんばんは
私もミトコンドリア吹いてしまいました
クイズ番組 「テレビで見ているとわかるのに」って芸能人が良く発言されてますがスピードクイズはこれだから面白いですよね
【2015/10/03 22:33】 | れん #- | [edit]
【れんさま☆】
こんにちは!

”ミトコンドリア”は久しぶりのホダンでしたね(^m^)
落ち着いて考えたら分かる事でも、時間制限とかプレッシャーがあると、思考が止まっちゃうことがありますもんね~。
私自身がプレッシャーに弱いので、めっちゃ分かります(;^ω^A
【2015/10/06 01:17】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫