東国大学のスンギくんインタビュー記事☆

 2015-10-14-00:00
東国大学の文化コンテンツ学科10周年記念として、なにやら冊子も作成されていて、その中にスンギくんのインタビューも掲載されていたようですね。

t100413


すでに公開された動画は2分も無く、「インタビューをしたというからにはもっといろんな話をしたんじゃないの~!?」って思っていたので、納得です。

画像をお見かけしましたので、ありがたく読ませて頂きましたm(_ _)m


t101303

t101302


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


この時代の大衆が求めることが何なのかが分かってこそ

イ・スンギ(企画/修士過程) 院友インタビュー

(歌手/タレント)

万能模範生エンターテイナー.

よく聞く、彼を説明する修飾詞だ。

完ぺきな自己管理と多様な分野に対する挑戦で目が回るほど忙しい彼に会った。

実際に会った彼は歌手として、俳優として、または、芸能人として自身の姿と位置を把握して、大衆が求める事が何なのかについて悩む、まさに「コンテンツの重要性を知っている」タレントであった。


★東国(トングク)大学校文化コンテンツ学科が10周年を迎えた。

とても効率的な勉強をする学科であるだけに、10,20年、それ以上続くことが出来ると思う。

文化コンテンツ学科から、大韓民国の文化コンテンツを導いていく人々がたくさん排出されたら良いだろう。



★学生としてのイ・スンギとは。

文化コンテンツ学科で企画専攻で勉強をしている。

実はこの課に進学することになったキッカケは、学部の時には国際通商学を専攻していたのだが、芸能人活動をしていては適用することがなかった。

現在している分野を学問的に確立してみたかった。

実際に学科に入ってきて劇作法の授業やコンテンツ企画の授業などを聞いて、感じて学んだ点が多かった。

撮影のためにしばしば出席できなくて残念な面もあるが、現場に出て行って適用できるものなどを習ったことに満足している。



★現在<相性>という映画撮影中であると聞いている。どのような映画なのか。

2年前にヒットした映画<観相>の二番目の話だ。

<観相>、<相性>、<明堂(?)> の3部作の中の一つだ。

天才宮合家(結婚相手の相性を見る人)として出る主人公ソ・ドユン役を引き受けて演技している。

基本的にロマンスを中心とする映画で、<観相>とは雰囲気が大いに違う。

若い層をターゲットとする映画だ。

映画の準備をしながら、僕もまた四柱(占い)をとてもたくさん見て歩いた。

基本的に相性は四柱から来ているという。

もちろん盲信するのは良くない。(笑い)

しかし映画<相性>は信じても良い。

おもしろい作品だ。

現在の撮影中であり、来年秋夕(チュソク)に封切りされる予定なので、大いなる関心をお願いする。



★国内最初ウェブ芸能<新西遊記>に出演中だが。

トレンドが以前よりとても早く変化していると思う。

我が国では人気を引っ張れずにいるが、日本の場合はウェブ ドラマがすごく流行し、確立されたジャンルだ。

ウェブ芸能をするのはおそらく今回が初めてだ。

ナ・ヨンソク PDが<1泊2日>を共にしたメンバーらと旅行バラエティーをしたい、という話をたびたびした。

あれこれ議論を通して、見たい人々だけ見るウェブ芸能をしてみよう、ということで作ったのが<新西遊記>だ。

普通、携帯電話で何かをする時、集中する時間が15分程度という。

幸いにも、期待以上の関心を集めている。



★芸能界活動をするにおいて、文化コンテンツ学科がどんな役に立つのか。

コンテンツを企画する人は勉強をするべきだと思う。

僕のようなプレーヤーの場合は「現場感」が重要だが、企画する人々は一歩下がって、大衆が本当に何を望んでいるのかを分からなければならない。

文化コンテンツ学科の場合、そのような授業が多くてトレンドを読み出すのに役に立つ。




★今後の計画と、最後のひと言があるならば。

壮大な計画はない。

芸能人として、作られたコンテンツを再現する時に、どのようにすれば100パーセント、120パーセントそれ以上で完ぺきにすることが出来るのか?にだけ集中している。

結局「力」はプレーヤーというよりはコンテンツそれ自体が持っていると考える。

単に人気がある芸能人が出演するからといって、プログラムの成功が保障される時代はもう終わった。

そのような意味でコンテンツの力はとても大きいと考える。

私たちの学科が大衆文化を先導する良いコンテンツの発信地になるよう祈る。



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


이 시대의 대중이 원하는 것이 무엇인지 알아야

이승기(기획/석사 과정)원우 인터뷰

(가수/탤런트)

만능 모범생 엔터테이너.
흔히 그를 설명하는 수식이다.
완벽한 자기관리와 다양한 분야에 대한 도전으로
눈코 뜰 새 없이 바쁜 그를 만났다.
실제로 만난 그는 가수로서,배우로서,또는 예능인으로서
자신의 모습과 위치를 파악하고 대중이 원하는 것이 무엇인지를 고민하는,
그야말로 '콘텐츠의 중요성을 아는' 탤런트였다.


★동국대학교 문화콘텐츠학과가 10주년을 맞이했다.

굉장히 효율적인 공부를 하는 학과인 만큼 10,20년 그 이상을
갈 수 있을 것이라 생각한다.
문화콘텐츠학과에서 대한민국의 문화콘텐츠를
이끌어가는 사람들이 많이 배출 되었으면 좋겠다.



★학생으로서의 이승기란.

문화콘텐츠학과에서 기획전공으로 공부를 하고 있다.
사실 과에 진학하게 된 계기는 학부 때 국제통상학을 전공했는데
연예인 활동하면서는 적용할 일이 없었다.
현재 하고 있는 분야를 학문적으로 정립해보고 싶었다.
실제로 학과에 들어와서 극작법 수업이나 콘텐츠 기획 수업 등을
들으면서 느끼고 배운 점들이 많았다.
촬영 때문에 자주 출석하지 못하여 아쉬운 면도 있지만
현장에 나가 적용할 수 있는 것들을 배웠음에 만족한다.



★현재 <궁합>이라는 영화 촬영 중인 걸로 알고 있다.
어떠한 영화인가.

2년 전에 히트했던 영화 <관상>의 두 번째 이야기다.
<관상>,<궁합>,<명당> 3부작 중 하나다.
천재궁합가로 나오는 주인공 서도윤역을 맡아
연기하고 있다.
기본적으로 로맨스를 중심으로 하는 영화이고
<관상>하고는 분위기가 많이 다르다.
젊은 층을 타겟으로 하는 영화이다.
영화를 준비하면서 나 또한 사주를 굉장히 많이 보러 다녔다.
기본적으로 궁합이 사주에서 나온다고 한다.
물론 맹신하는 것은 좋지 않다.(웃음)
그러나 영화 <궁합>은 믿어도 좋다.
재미있는 작품이다.
현재 촬영 중이며 내년 추석에 개봉할 예정이니
많은 관심 부탁한다.



★국내 최초 웹 예능 <신서유기>에 출연 중인데.

트렌드가 예전보다 굉장히 빨리 변하고 있다고 생각한다.
우리나라에서는 인기를 끌지 못하고 있지만 일본의 경우는 웹 드라마가
꽤 유행했고 자리를 잡은 장르다.
웹 예능을 하는 건 아마도 이번이 처음이다.
나영석 피디님이 <1박2일>을 같이 했던 멤버들과 여행 버라이어티를
하고 싶다는 이야기를 종종했다.
이런 저런 논의를 통해서 보고 싶은 사람들만 보는 웹 예능을 해보자고 해서
만든 것이 <신서유기>다.
보통 핸드폰으로 어떤 것을 할 때 집중하는 시간이 15분 정도라고 한다.
다행히 기대 이상의 관심을 받고 있다.



★연예계 활동을 하는 데 있어 문화콘텐츠학과가 어떤 도움이 되는가.

콘텐츠를 기획하는 사람은 공부를 해야 한다고 본다.
나와 같은 플레이어들의 경우는 현장감이 중요하지만 기획하는 사람들은
한 발짝 빠져서 대중이 정말 무엇을 원하는지 알아야 한다.
문화콘텐츠학과의 경우 그런 수업이 많아 트렌드를 읽어내는데 도움이 된다.



★앞으로의 계획과 못다한 말이 있다면.

거창한 계획은 없다.
연예인으로서 만들어진 콘텐츠를 재현하는데에
어떻게 하면 100프로,120프로 그 이상으로 완벽하게 할 수 있을 지에만
집중하고 있다.
결국 힘은 플레이어라기보다는 콘텐츠 그 자체가 가지고 있다고 생각한다.
단지 인기있는 연예인이 출연한다고 해서 프로그램의 성공이 보장되는 시대는
예전에 지났다.
그런 의미에서 콘텐츠의 힘은 굉장히 크다고 생각한다.
우리 학과가 대중문화를 선도하는 좋은 콘텐츠들의 산실이 되길 기원한다.



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


以前に公開された動画の中で”コンテンツの力が重要”と話していた内容が、こちらのインタビュー記事の最後の部分のようですね。

そう考えると、スンギくんが話した言葉からかなり編集されているというか、内容はその通りだけれど、表現が記事を書いた方の表現になっちゃっているな~と感じます(;^ω^A


まぁそれはともかくとして。

映画は、来年の秋の公開予定なんですね~

でもって、若年層ターゲットなのね、やっぱり。

こんな具体的な話を、こういうトコロで知る事が出来るとは!


「今後の計画は・・・」に期待しましたが、そういう答えかぁ・・・(;^ω^A



何はともあれ、いろいろと興味深いインタビューが読めて感謝です♪



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ その他 トラックバック(-) コメント(5)
タグ :
コメント
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/14 02:25】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/14 23:01】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★Yさま
そうかもしれませんね!?
・・・って、お読みになった本のタイトルを教えて頂く事は出来ますか?

勉強に限らず何でもそうですが、何かをやりたい!と思ってもなかなかタイミングが合わなかったりしますよね。
私も漠然といろいろやりたいと思っている事はあるけど、「いつかそのうち」「時間がある時に」なぁんて思いながら実行に移してない事がほとんどです(;^ω^A
お互い、頑張りましょうね!o(^_^)o


★Nさま
あ、「10年、20年と続く」というのは、文化コンテンツ学科自体が長く存続していくでしょう、という意味で言っているんだと思いますよ~
私も、日本でウェブドラマが流行っているなんて知りませんでした(;´▽`A``
「壮大な計画はない」というのも、スンギくんの言葉と言うよりは編集者の表現かなぁ~という気がします。
まぁでも、あまり期待しない方が良いかな、とは思いますね・・・

ところで、そんなプレッシャーをかけないで下さいねぇ~(笑)
これまでと同様、ノンビリ、マイペースで続けられればとは思っています(*´ω`*)
【2015/10/15 01:05】 | まや #r10PBekw | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/15 14:34】 | # | [edit]
【Yさま☆】
こんにちは!

なるほど、ありがとうございます☆
懐かしい話です(*´ω`*)
もちろんネットでは読みましたが、本になっていたのは知りませんでした。
基本的に本を全く読まないので・・・
これもまた、「いつかそのうち」と思っている事のひとつですね(;^ω^A

お勉強のやる気、わいて来ましたか!?(^m^)
明日からではなく、今日からスタートですよ~!!
・・・なぁんてね(^_-)-☆
【2015/10/16 00:35】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫