疲れた・・・

 2015-10-19-06:00
昨日18日(日)は、韓国語能力試験(TOPIK)の日でしたね。

こちらをご訪問下さっている方の中にも、受験された方も多いのでしょうか?

受験されました皆さま、お疲れさまでした!(*^ー^)ノ

日頃の勉強の成果は十分に出すことは出来ましたか!?


私は・・・

とりあえず、疲れました(;^ω^A



まず、前にも書きました、受験票が届かなかった件のその後の話。

連休明けに「受験票を再送します」というメールが届いていたんですね。

なので、「今度こそ無事に届きますように!」と待っていたのですが・・・


数日後、主催者から、
「郵送しました受験票をあらためてメール添付でお送りいたします。」
と言う事で、受験票の画像ファイル他が添付されたメールが届いたんです。

PDFファイルを出力して持って行けば、受験票の代わりになると言う事で。

郵送の上にメールまで送って来たのはなかなか念入りやん~と感心しつつも、でもまぁ郵送が無事に届けば問題ないんだから、とにかく現物が届くのを待っていた訳です。


ところが、それ以降も待てど暮らせど受験票は届かず・・・

1回は何かのトラブルで届かない事もあるかもしれませんが、2回目も届かないって、いったいどういうこと!?


考えられるのは、主催者側が私の住所を間違えて登録しているのではないか?ということ。

出願は手書きの用紙で送ったので、それを主催者のPCに登録する際に入力し間違えて、その間違えた住所に送り続けているのではないかと・・・

間違って受け取った人も、親切な方なら発送元に「間違えて届いている」と連絡するでしょうけれど、そうでなければ自分に関係ないからとそのまま無視しているかもしれないし・・・


結局前日まで待っても受験票は届かなかったので、PDFファイルをUSBメモリーに移してコンビニで出力(我が家にはプリンターがないので・・・)して持参しました。


当日会場に着いてすぐに係員に声をかけて、受験票について確認しました。

受験自体は、出力したPDFファイルの受験票で確認出来るので問題ないとの事。

「受験票が2度も届かないなんて、登録された住所が間違っているんじゃないですか?」って聞いたら、受験者の住所情報等が書かれた一覧表の紙を見せてくれたのですが、私の住所は正しく入力されていました。


だとしたら、私の受験票はいったいどこに送られたの!?(@_@;)



不信感マンマンのまま、試験に臨むことになり、そのせいで、試験に集中する事が出来ませんでした・・・




・・・・というのは、全く見当違いな言い訳です(;´▽`A``


はい、現実は、ちゃんと勉強しなかったので、全然出来ませんでしたっっ!┐( ̄ヘ ̄)┌ ←開き直り



特に「쓰기(作文問題)」がね~

600-700文字書かないといけないのに、どんなに頑張っても400文字にしかならなかったという(´Д`;)


受験した事がない方の為に説明すると・・・

時間が限られているので下書きする時間は無く、いきなり答案用紙に書かないといけないんですが、その答案用紙はマス目になっていて、回答は配布されたペンで書く必要があり、書き間違えたら修正テープ(持参)で消さななければならないんですね。

間違えた場合、それにすぐに気づけばいいのですが、しばらく後から気づいて直そうとした時、書き直したい字数が同じであれば問題ないのですが、字数が違うと、そこから後ろの間違えていない部分もマス目がズレてしまうので、全部消して書き直す必要があるんですorz

韓国語は「分かち書き」といって単語と単語の間のスペースを正しく入れる事も採点基準になるので、スペースの入れ忘れも侮れないというね・・・

しかも、修正テープを貼った(?)ところって、上から字がすごく書きにくくなるんですよね(>_<)

(インクがテープの上ではじかれたり、固いペン先で修正テープを削ってしまったり・・・)

そんなこんなで、書く事自体にすごくストレスを感じてしまいました。


「듣기(聴き取り問題)」は会話文を聞きながら設問の選択肢を読まないといけないのですが、それが私には苦手で、どちらかに集中しようとして、焦ると結局どちらにも集中出来なくなるという・・・ね。


「읽기(読解問題)」は、問題数が多いので時間配分が重要なんですが、最初の方で無駄に迷って、後の方の時間が足りなくなり・・・


試験を受けてみて改めて、当たり前だけど、やっぱり対策勉強が必要だな~と感じました。

まぁでもそれ以前に、知っている単語や表現が多ければ、問題文を読んで「意味が分からない」という焦りがなくなり、落ち着いて解くことが出来る訳だし、そういう意味では日頃の積み重ねが大事だな、と。

なので私はやっぱり、今後も試験対策の勉強ではなく、実践(?)というか自己流で続けていくのでいいや~と思いました(;^ω^A ←反省ナシ



余談ですが、私が受験した部屋は20人の受験生が入るようになっていたのですが、なんと9人が欠席と言う寂しい状況でした。

別の部屋で受験していた韓国語教室のクラスメートも、同じような感じだったと言っていました。

せっかく受験料を払っても、受験しない方が結構多いんですね!?

まぁ言っても年に2回あるし、何かの必要性があって受験しなければいけない人より、私みたく趣味で受けている人の方が多いんでしょうね。



あ、それで受験票の話に戻りますが。

家に帰って「試験の結果の郵送がまたちゃんと届かなかったら困るわ~」と思って、主催者に「確認をお願いします。」ってメールをしたんですね。

その後に改めて考えてみたら、もしかして「再送する」というのは郵送ではなく、PDFファイルが添付されたメールの事だったのかもしれない!?という気がしてきました。

私自身が郵便で現物が送られてくるものだとばかり思っていたから
「郵送しました受験票をあらためてメール添付でお送りいたします。」
というメールが届いた時に、郵送と同時にこのメールをくれたんだと解釈した訳ですが、「郵送しました」というのは最初の、他の受験者たちと一緒のタイミングで送った時の話なのかもしれないなぁ、と。

そう考えれば、2度目の郵便が届かなかったのも当然か!?


例えそうだとしても、書き方が悪いですよね。

最初は郵送だったんだから、「再送します」ではなく「後ほどメールでファイルを送ります」と書くべきでしょう・・・


そもそも「10日前までに発送」の期限もちゃんと守っていなかったトコロから続く不信感は、消える事無く。

試験が終わった後の回答用紙を回収する時も、試験官の方が左右の受験生から順番バラバラに用紙を集めていて、後から受験番号順に並べ替えるのにやたら時間かかっているのを見ながら、やることがいちいち行き当たりばったりやなぁ・・・と思ったりね(・_・;)



何はともあれ、別に試験に向けて熱心に勉強した訳でもないのですが、試験が終わって、解放感だけはいっちょまえに感じています♪

「試験が近づいている」というプレッシャーからの解放!?(;^ω^A


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(5)
タグ :
コメント
【】
試験お疲れ様でした。
まやさんが難しく感じたってことで
私なんか
問題の意味さえ分からないだろうなと思いますよ。そのうち受けたいと思うけど
準備しないとダメですね。
前に通ってた民団では試験対策クラスなるものがあって
そのクラスが良いのか
会話クラスが良いのかと、迷って会話クラスにしたことありました。
初めて試験受けた時は新鮮で
とっても?たくさん?勉強したのでと言っても単語を覚えるくらい
それが結構今も残っていて、やったことは無駄にはならないのですね。
それっきりでしたが(^_^)語学の勉強に近道はないのですね。
それにしても受験票のこと大変でしたね。試験に集中できませんよね〜
作文600文字以上(ーー;)
そんなに書かなきゃなんですね〜。
テーマとかあるのでしょうね。
とりあえず終わってよかったですね。
結果楽しみですね(o^^o)

今どき韓国語もとっても面白かったです。
韓国語のいろんなこと
まやさんからいろいろ教えてもらえて感謝です。

【2015/10/19 06:36】 | ナビ #- | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/19 07:19】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★ナビさま
私は自己流の勉強しかしてないので試験には対応出来ませんが、ちゃんと対策勉強をしていれば、決して難しい問題では無かったと思います。

試験勉強で覚えた事が今でも残っているというのは、勉強の仕方が良かったって事だと思いますよ!(^_-)b
たいていは、機械的に詰め込んで覚えた事は簡単に忘れてしまいがちですからね~

作文のテーマは「広告長所と短所を述べ、どうすればその問題解決になるか」みたいな感じでした。
こういう試験の場合、自分の考えを書く必要はなく、とにかくテーマに沿った内容で決められた文字数で、ある程度の語彙と文法を使って書ければいいんですよね。
いろいろとコツがあるようなので、訓練をすればより高得点を狙える文章が書けるようになるそうです。

でも私はこれからもマイペースに自分が興味のある事で韓国語に触れていきたいな、とね☆


★Cさま
やっぱり試験と言うのは、受けるだけでもプレッシャーを感じるものですからね~
試験が終わって帰って来られたご主人様の開放感に溢れた顔、なんだか想像出来るようです(^m^)
ご主人様もお疲れ様でした!

息子さんに関しては、Cさんのもどかしいお気持ちもすごく分かる一方、息子さんの言い訳(?)も分かるような気がします・・・私も同じような言い訳をしているから(;^ω^A
でもせっかく良い経験をされて来たんだから、目に見える形で残せたらいいし、その力を持続させてもらいたいですよね!
【2015/10/20 00:32】 | まや #r10PBekw | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/21 12:29】 | # | [edit]
【M(H)さま☆】
こんにちは!

TOPIK主催者は韓国の団体ですからね。
会場の試験監督も(おそらく)皆さん韓国人でしたし。
しかも、受験票の謎はまだ続くという・・・(´д`;)

私も、試験受けるとなると勉強するかなと思って出願したんだけど、結局対策勉強にはあまり身が入らず・・・(;^ω^A
でもブログに書いた事もあって常にプレッシャーだけはあったので、”勉強だと思って”と意識的に頑張りはした方だと思います=33
受けるなら、周りに公言しまくるのも一つの手かも!?
【2015/10/21 23:55】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫