ハングルをカタカナで表現する事☆

 2016-02-26-06:00
ひとつ前の記事で、歌詞のご紹介をしましたね。

今気になっている歌を紹介したいという主旨で記事を書きながら、ちょっと韓国語のお勉強についても思う事があったのですが、話題が散漫になると思ったので、分けてこちらに書きます。


私はこれまでにもブログの中でスンギくんの歌の歌詞解読をずっとやってきました。

最初は文法もまだほとんど知らなかったのに、とにかく辞書を頼りに見よう見まねで解読を進めていくうちに、いつのまにか文法も単語もたくさん覚えていた・・・という話は以前にも書きましたね。

私の韓国語勉強歴☆その1


ところで、私の歌詞解読記事には、昔からずっとハングルの上にカタカナのルビを振っています。

母音も子音も日本語より種類の多い韓国語の発音を、カタカナで表現しようとすると、もちろん正しくは表現出来ないし、下手したらその”カタカナ風”の音で覚えてしまうから、本当は良くないんですよね。


でも、ブログを読んで下さる方が皆さんが韓国語をお勉強している訳ではないし、ハングルを全く読めない方でもスンギくんの歌を口ずさめるように、という思いでカタカナのルビを振るようにしてきました。


でも、望ましくはない方法かもしれないけれど、そうやってルビを振る作業をした事で、私はかなり発音の勉強になったと思っています。


ハングルは、子音と母音によって構成された表音文字だから、単体での読み方はだいたい見た通りですが、実際には文字が繋がる事で音がいろいろ変化します。


例えば・・・

(以下、便宜上ハングルの読み方をカタカナで書きます)

견=キョン

학=ハク

을=ウル


・・・という3つの文字を合わせると、

견학을=キョナグル(見学を)


また、

착=チャク

륙=リュク


・・・の2文字を合わせると、

착륙→창뉵=チャンニュク(着陸)


見た目通りに発音しない言葉をどう読むのか、という事を覚える段階で、私にとってはやはりカタカナで表現をするというのが便利な方法でした。

だって、いわゆる発音記号をちゃんと知らないし、とりあえずパッと直感的に分かるカタカナで書く方が早いですから(;^ω^A

その時は、「発音をどう書くか」よりも、「発音がどう変化するかを知る」の方が大事だったからです。



ただし、カタカナで書きながらも「このカタカナは正しい音を表している訳ではない」という事は、常に意識していました。


先述の「견학을=キョナグル」を例にとると・・・

文字としては「キョナグル」と書いても、発音する時には、

「”ヨ”の音を出す時は、”ヤ”と発音する口で”ヨ”と言う」

「”グ”は口を横に引く感じで発音」

「”ル”はハッキリ発音するのではなく、下を巻くように”R”の音のみ」

と意識をして発音をする、という感じです。(実際にちゃんと出来ているかは別として、ね(;^ω^A)


実際に発音する際には、正しい音で発音するように心がけるのであれば、カタカナで表現する事が必ずしも悪い事ではないんじゃないかと、個人的には思っています。


ちなみに、発音の変化って「こういう場合はこうなる」って理論的に(?)覚えるよりも、単語のかたまりとか言葉のかたまりで覚えてしまった方がいいんですよね。

その為には、たくさんの音を聞いて、声に出してみるのが一番ですね☆


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :韓国語のこと トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/02/26 07:43】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/02/26 09:01】 | # | [edit]
【】
まやさま こんにちは

韓国語の勉強をどんどん進めている人にとっては確かにカタカナでルビを振るのは 色々考えてしまう所が増えてくるのでしょうね

<見た目通りに発音しない言葉をどう読むのか>←ルビがあることで発音の変化が分かり私にはとても勉強になっています 何年振りかで奥の方から辞書を引っ張り出してきました
何度も挫折した韓国語の勉強をまた少し始めようかナと思うきっかけをまやさまが作ってくれました
そういえば 日本語がとても上手な韓国のSMAPファンが歌詞で日本語を覚えたと言っていましたが きっかけがあればそこから始められて そしてだんだん違いが分かってくるんだと思いました

1つ前のページで卒業ソングの紹介がありましたけれど ドラマの中でもとても印象に残る曲もありますよね <ドリーム・ハイ>の中で「冬のこども」(曲名があやふやですが スジちゃんが歌っていました)を聞き 誕生日を祝う こんなに可愛い歌があるんだと・・・
冬に生まれたスンギ君にピッタリのような歌詞です
まだまだ素敵な曲がたくさんありそうですね 

ところで
まやさまの訳がすばらしく それぞれの<Thanks to>にも感動し 他の曲も聞きたくなってぜんぶ買ってしまいました
最新のアルバムから順に前へ前へとw○○○manに入れて・・・
そうしましたら 「愛が酒を・・・」の次の曲は ♪アボジ~~ と1集の まやさま曰く 天からのかわいい声 わたしを本当に楽しませてくれています

そして <花よりお姉さん>
(わたし最後の方?を確か見ていました おねえさん一人がなかなか戻らず雨の中スンギ君が探し回っていたあの番組ですよね たまたまつけたらやっていて必至で探すスンギ君に見入っていました)
昨年観たある映画で流れた曲が気になりどなたが歌っているのかしらと思っていましたがこのページでわかったんです キム・ドンリュルさん 
スンギ君と同じ曲名「MELODY」に感動しました

それにしても
イ・ソヒさんのCDを購入しようとしたのに「売り切れ」(韓国内でも入手困難です)←(こんな風に書いてあるのを初めてみました)
そして購入した スンギ君のコンサートDVDには…歌詞カードが付いているはずもなく
BEST盤を購入 
「九家の書」を見ていたのにスンギ君が歌っているなんてちっとも知らなかった私

でも今だから出会えたと思い イ・スンギワールドを楽しみたいと思います
また少しずつまやさまのページ開かせていただきます
ありがとうございました

【2016/02/26 12:00】 | non #- | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★Cさま
私も、単語単位で見る時は正しく発音するよう意識しますが、会話をする時はそこまで余裕がないです(>_<)
相手がネイティブなら、多少変な発音でも文章の前後から判断してくれますけど、それに甘えてしまってはいけないですね(;^ω^A
そういえば昔、道を聞く時に「지하철(地下鉄)」が通じなかった事があって、相当悪い発音だったんでしょうね。

印鑑は도장かな?
私も通じない時はジェスチャー駆使したり、英語で言ってみたりします。

「ハングルの長い棒からちょっと出っ張っている短い棒を見分けるのが大変」
分かります~(;´▽`A``
さっきも記事を書く時に手書き文字の”나”の横棒がよく見えてなくて”니”と見ていて、「僕」と「君」では意味が全然違ってきますもんね。

ナPDの本をお持ちなんですね?
読みだしたら興味を持って読み進めそうですが、取り掛かるまでに気合がいりますよね。
スンギくんが除隊するまでに、是非読破してみてください!!


★Oさま
スンギくんの手書き文字のㄷとㄹは、私も見分け付かないですよ┐( ̄ヘ ̄)┌
文章の意味から判断して「これは다ね?」って思って見たら、何とかそう見えるかな~、みたいな。

韓国語の音の変化は、難しいですよね。
私もいまだに間違うというか、気を抜くと文字通りに読んでしまう事がよくあります。

왕십리(往十里)は音としては왕심니(ワンシムニ)になるんですよね。
駅名で言うと、청량리(清凉里)=청냥니(チョンニャンニ)なんかもかなり高度(?)ですよね。
私もよく地下鉄の中でぼーっと英語の表記を見て「おお、そう読むのか!」って気付くことがあります。
かと言って、英語表記だけだと、どこのことか全然分からないんですよね(;^ω^A


★nonさま
カタカナでルビを振るのは手軽な方法ですが、ハングルで読んだり書いたりする事に慣れて来たら、発音の変化もハングルで書いた方が良いと思います。
例えば記事にも書いた、「착륙」という言葉の発音を書くなら「창뉵」という感じですね。

SMAPの歌で日本語を覚えた韓国人の方もいらっしゃるんですね(^m^)
そうそう、教材は自分の興味のあるものが一番ですよ~!
続ける事が一番大事ですからね☆

スジちゃんの<겨울아이冬の子供>はこちらですね↓
https://www.youtube.com/watch?v=vFXNx2RV5iM
かわいい歌ですね☆

スンギくんのアルバムを全部揃えられたんですね(^m^)
それぞれ声も違うし、アルバムの世界観も違うし、その日の気分でいろいろ楽しんでくださいね♪
でもそうそう、スンギくんの歌ってデジタルシングルで出て、アルバム(CD)に入っていない曲も多いんですよ(T_T)
youtubeなどで手軽に聞く事は出来ますが、やはりCDで聞きたいとは思いますよね。

何はともあれ、スンギくんが兵役中で新しい情報はなかなか出てこない今こそ、ゆっくりとご自分のペースで楽しめる良い時間だと思います(^_-)-☆
【2016/02/27 02:00】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫