地フェス参加への道☆まとめ編・その1

 2016-10-27-22:00
2016年10月1日(土)の前夜祭に始まり、10月6日(木)まで6日間続いた「地上軍フェスティバル(지상군페스티벌)」と「鶏龍軍文化祝祭(계룡군문화축제)」

「出来るだけたくさんのスンギファンに現地に行ってもらえたらな~」という思いで、現地に行く方法等についていろいろ調べて記事に書きましたが、少しでも誰かのお役には立てたでしょうか!?


ところで、実際私自身が現地に行ってみて、やはりネットで調べるのとは違うな~と感じた部分も多かったです。


って事で、今回実際に行ってみた感想とかを交えながら、「行き方」のまとめを書いてみたいと思います。

来年も同じぐらいの時期に地上軍フェスティバルが開催されるとして、除隊直前のスンギくんが参加するかどうかはかなり微妙ではありますが、可能性はゼロではないとは思いますので、来年に向けての覚え書き、という意味でもね(^_-)-☆

まずは今回の私の”動き方”をシンプルにまとめると・・・


★ソウルと現地間の移動はKTXで、용산(ヨンサン・龍山)~계룡(ケリョン・鶏龍)


★ホテルは대전(テジョン・大田)の유성온천(ユソンオンチョン・儒城温泉)エリア


★イベント会場とホテル間の移動は、路線バスもしくはタクシー



・・・という感じでした。


それをもう少し具体的に見ると・・・



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・



初日、ソウルに到着したその日の夜に、계룡(ケリョン・鶏龍)駅近くの금암동(クマムドン・金岩洞)ホームプラス前での公演がありました。

一旦대전(テジョン・大田)のホテルに荷物を置いてから会場に向かうのは、かなり時間の無駄だと感じました。

別にそんなに歩き回る訳でもないだろうから、荷物を持って行っても邪魔にならないだろう・・・と思ったので、ソウルから荷物を持ったまま直接계룡(ケリョン・鶏龍)駅に向かう事にしました。

その場合、一番便利で早いのはKTXです。



移動的には、それが良い選択だったと思います◎


ただし、荷物を持ったまま移動するのはやはり邪魔と言えば邪魔で、しかも雨が降ったのでさらに動きにくかったです。


ちなみに、今回の旅は荷物を持って移動する時間が長いと分かっていて、しかも雨が降る予報があったので、「荷物は最小限に、出来るだけ軽く」という事を一番に考えて荷造りしました。

キャリーバッグは表面は濡れても拭ける樹脂素材ですが、ファスナーの部分から水が浸みて来ないか気になったので、雨が降っている間は大きめのビニール袋を被せるようにしていました。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


ホテルですが、本当はイベント会場により近い계룡(ケリョン・鶏龍)地区で取れれば良かったのですが、계룡(ケリョン・鶏龍)駅付近には一般的なホテルがなく、ラブホちっくな”モーテル”ばかりで、海外からはちょっと予約が難しそうな感じでした。

なので、계룡(ケリョン・鶏龍)からほど近くで、海外からでも予約の出来るホテルがたくさんある대전(テジョン・大田)市内に取る事にしました。


ただ、대전(テジョン・大田)市内から会場のある계룡(ケリョン・鶏龍)地区に行くには、公共交通としては絶対路線バスを使わないといけないんですね。

なんと両市間は電車ではつながっていないのです・・・(´□`。)

路線バスも、乗り継がなきゃいけない場合が多く、しかも本数もそんなに多くありません。


一方、軍のシャトルバスを利用する場合、直行で行けて便利ではあると思うんですが、昇降場所が「複合ターミナル」といって、대전(テジョン・大田)の中でも東の方、계룡(ケリョン・鶏龍)から見ると離れた方向にあったんですね。


それなら、少しでも계룡(ケリョン・鶏龍)に近い西のエリアで、路線バスを利用する方が良いかな、と思った私。

道路の混み状況が分からないから、バスに乗る距離は出来るだけ短い方がいいと思ったからです。



そこで、選んだのが유성온천(ユソンオンチョン・儒城温泉)エリアです。

(以下、画像はクリックするともう少し大きく表示できます↓)

c102501


유성온천(ユソンオンチョン・儒城温泉)エリアは대전(テジョン・大田)の中でも西寄りで、계룡(ケリョン・鶏龍)により近いです。

温泉地なので、観光ホテルが結構あるようです。

유성온천(ユソンオンチョン・儒城温泉)エリアに路線バス48番のバス停があり、そこから乗り換えなしで会場まで行く事が出来ます。

道が混んでいなければ、30分ちょっとで行けると思います。

c102502b


また、前夜祭等があった금암동(クマムドン・金岩洞)ホームプラス前の会場までも、同じ48番バス一本で行けます。



ただし、48番バスは本数が少ないです。

テジョンバスHPで調べたところでは、45分に1本・・・というような間隔のようです。


記事でも書きましたが、帰宅時間に大渋滞に巻き込まれると、バスがなかなか来ないし、来ても1時間半立ちっぱなしで揺られる・・・という憂き目に合うかもしれません(>_<)


あと、今回の금암동(クマムドン・金岩洞)ホームプラス前での公演は全て夜で、しかもスンギくんを始め芸能人出身兵士が登場したのはプログラムの一番最後でした。

公演が終わる頃にはかなり遅い時間になるので、バスが無くなってしまう可能性もあります・・・


ちなみにテジョンバスHPでは、バスのリアルタイム運行情報を確認出来ます。

c102503

노선번호(路線番号)の欄にバス番号(48)を入れて、조회(照会)をクリック。

すると、その下の조회결과(照会結果)というトコロに上りと下りの방향(方向)が表示されるので、該当の方向をクリックする。

48番の場合、「충대농대→두마면사무소앞」というのがテジョン(大田)→ケリョン(鶏龍)方向となります。

緑色のバスのマークが、今バスが走っている位置になります。


路線バスは、T-moneyカードが使えました♪

カードの残高が減って来た友人は、テジョン市内の地下鉄の駅で料金チャージをしたと言っていました。



유성온천(ユソンオンチョン・儒城温泉)エリアは会場までの距離が比較的近いので、人数が集まれば「タクシーを使う」という選択肢もアリだと思います。

タクシー代は日本よりかなり安いです。

実際私も、途中から友人と合流して4人になった日は、タクシーに乗って会場に向かいました。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


地フェス参加最終日は、午後の公演が終わったらそのままソウルに向かうことにしていました。

そのため、会場にはキャリーケースを持って行きました。


メイン会場=非常滑走路はかなり広くて、その分たくさん歩かないといけないので、やはり荷物は最小限にしておく方が良いです。



会場から계룡(ケリョン・鶏龍)駅までは、軍のシャトルバスを利用しました。

時間的に、混んでいなかったようで、待たずに乗れて、座って行く事が出来ました。

バスは、普段は軍人さんたちが移動に使っている車両のようで、エアコンも効いていて、座席も路線バスよりゆったりしていました。


前日が混み混みの路線バスで、蒸し暑いわ、立ってて疲れるわ・・・だったので、その快適さがすごくありがたかったです(^ε^)

しかも、応対してくれた軍人さんたち(おそらく下っ端さんなので、皆さん若い!)が親切☆

バスは계룡(ケリョン・鶏龍)駅行きだったのですが、KTXの時間まで少し余裕があったので、「時間つぶしをするんだったら、駅の周りは何もないよな。手前のホームプラスエリアの方が店があるよな~」って思って、運転している軍人さんに「ホームプラス前で降りる事は出来ますか?」って聞いたら、快く対応してくれました。

降りる時も、とても丁寧に声をかけて対応してくれて、すごくホッコリしました(*´ω`*)



ちなみに、軍シャトルバスの、会場側の乗り場は、非常滑走路の真ん中あたりにありました。

路線バスやタクシーは会場の中までは入れないので、非常滑走路の入り口止まりです。

公演のあったメイン会場は非常滑走路の一番奥に位置していたので、バスやタクシーを利用した場合は、入り口からはかな~り長い距離を歩くことになりました。

c102504

メイン会場まで歩く距離を見ても、軍のシャトルバスの方が短くて楽だな、と思いました☆


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


続く・・・


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :2016地上軍フェスティバル トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/10/28 22:43】 | # | [edit]
【Nさま☆】
こんにちは!
コメントありがとうございます(*^o^*)

スンギくんと同じぐらいの背格好の軍人さんを見たら、思わず妄想しますよね(^m^)
「軍人さん」って何となく怖いイメージがありましたが、実際はほとんどは20代の普通の若者なんですもんね。
そういうのも、実際に行って、見て、実感出来たことでしたね☆
【2016/10/29 22:43】 | まや #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫