2015.6.19<スケッチブック>のスンギくんのトーク♪その3

 2017-03-15-06:00
2015年6月、6集アルバム発売後にスンギくんが出演した<ユ・ヒヨルのスケッチブック>の続き。

イ・ソニさん合流後のトークです。


ysk031124.jpg


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・





<とげ>を歌う前にスンギくんが話している内容・・・


久しぶりに<スケッチブック>に出る事になったので、どういう曲をお聞かせしようか迷いながら、

僕が本来高校3年生の時にデビューをするキッカケになったのが、

ロックバンドでロックバラードとかを歌いながら夢を育てていました。

それで今日、どういう歌を歌おうかと思いながら、最近男性たちがカラオケに行ったら、

임재범(イム・ジェボム)先輩の<고해(コヘ=告解)>と同じぐらいよく歌う歌があると言います。

버즈(buzz)の<가시(カシ=とげ)>を歌うんですが、

すごく特別な先輩が一緒にしてくださる予定です。期待して下さい。



ysk031111.jpg


ysk031112.jpg


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・





ヒヨル : 今日のビックリ・スペシャルゲストです。イ・ソニさんがいらっしゃいました

ソニ : お会い出来て嬉しいです。

ヒヨル : 本当に久しぶりにいらっしゃいました。

もう一度、正式にご挨拶をお願いいたします。

ソニ : とても嬉しいです。
実は今日は、イ・スンギさんのために出て来ました。
イ・スンギさんが放送に出ると言うので、私もくっついて行って、一緒に顔を見せてはダメかしら?って言って、一緒に出てきたんですが、こうやって歓迎して下さるから、本当に感謝します。
お会い出来て嬉しいです、皆さん。


ヒヨル : 本当にありがたいことに、スンギさんをさらに輝かせるためにいらっしゃったのもあるのですが、今日はコンディションが良くないと、実は聞きましたよ。
大丈夫ですか、今?

ソニ : 風邪だって言ったら、ビックリされるかと思って言えなかったのですが、そんな風邪では無いんですよ。
本当に・・・・扁桃腺がすごく腫れている状態で、それで・・・
私が合間あいまで水を飲んでも、そういう事なんだな、と(理解してください)


ヒヨル : 水、置いておきますね。

ソニ : それをそうやって持って行かれたら

ヒヨル : 飲みながら話して下さい、健康は大切ですから。

ソニ : 飲みます。

ヒヨル : 私に任せてください。召し上がり下さい、グイグイっと。


ところで今日は手伝うために出て来られたのに、2人がデュエットをされた瞬間、スンギさんが見ていて大変そうでしたよ。
なぜなら、イ・ソニさんが本当に、誰でもデュエットをしたら相手をスルメイカにしてしまうという・・・
レジェンドのボーカリストなので。

スンギ : スルメイカ、しかも高速道路(のサービスエリア売店のこと?)に吊るされているヤツ。
ペッタンコに。



ysk031115.jpg


ヒヨル : 負担ではなかったですか?一緒にデュエットするのが。

スンギ : 僕はもう・・・先生が出て来られたら「始まるんだな」という。
何か打ち勝とうとするのではなく、ただ感性のままに・・・


ヒヨル : (<棘>の)後ろの部分で、一番ハイライト部分でキーが転調しながら一気に高くなって

スンギ : キーが5つも上がるんですよ。

ヒヨル : イ・ソニさんがハイパートを歌うのに、スンギさんが(低い歌声で)♪아주 가라고~って、気楽に、気楽に歌っていたんですよ。

スンギ : そこは諦めました。僕はそこを諦めました。

ヒヨル : 心を空けた(諦めた)部分ですか?

スンギ : はい、心を空けて(諦めて)、ただ先生の下をパンパンと(支えようと)

ソニ : 違いますよ。スンギさんが、「この歌は、先輩が登場される曲なんだから、先輩が少し目立った方が良い」と言って、こうやってアレンジしてくれたんですよ。

ヒヨル : わぁ、母の心のように手助けしてくださいますね。


ysk031127.jpg


イ・ソニさんには実は、この2~3年間<スケッチブック>からラブコールを本当にたくさん送ったんですよ。
そして、4年にしてついに<スケッチブック>に出演して下さったのですが、あれが2011年ぐらいだったと記憶しているのですが。
あの時出演された時、<スケッチブック>がこんなに長い間続いているだろうと考えてみた事がありますか?

ソニ : 私は、長く続くだろうと思っていました。

ヒヨル : どうしてですか?どういう理由で?

ソニ : まず、進行しているMCの方が、無色無臭じゃないですか。

ヒヨル : 無色無臭だって?私のニオイを嗅いでみたんですか?

ソニ : アハハ!いえ、これは、本当に良い意味で。
ある番組では、MCの性格がとても濃くて、これは音楽がメインになるのか、もしくはMCがメインになるのか、よく分からない番組があるんです。
でも、この場所では、その人の音楽があって、それをユ・ヒヨルさんがサポートとしての役割を本当に良くされるから、私は長く続くと思いました。心から。


ヒヨル : あはは・・・・そんな話をしてくださると思って尋ねたのではないのに、本当に論理的にちゃんと話して下さったので、何と答えればよいのか・・・

イ・スンギさんは、イ・ソニさんを・・・

スンギ : 急に・・・水をちょっと飲んでから進めますか?

ヒヨル : 君、すごく”真っ直ぐに立てて”いるんじゃないのか、今日は?


ysk031120.jpg


先ほど、「상남자(上等な男)のスタイルだ」という話を聞きましたよ。

ソニ : 完全にそうです。

ヒヨル : どんな時にそうですか?


ysk031122.jpg


ソニ : カリスマがすごくあります。
自分が何をしなければいけないか。そして、それを叶えるためには、前後関係なく、そこに突進します。
集中する時の集中力がすごく大きいです。
実際、スンギさんは今、私に教わったと言うんですが、そうではありません。
私は、スンギさんを見ながら、情熱を燃やすのがどういう事なのか、続けて自分の努力をするのがどういう事なのか。
私が言った(言葉だ)けれども、その投げた言葉を、こうやって習得しているのを見ながら、その瞬間私も、そのまま私にも適用するんです。
私も(自分の言った言葉通りに)やらなきゃいけないんだな、私もここで立ち止まったらダメなんだな、という考えをしきりに持つようになるんです。


スンギ : ありがとうございます。

ヒヨル : イ・ソニさんがもう、音楽を続けて・・・

ソニ : 30年と・・・31年。

ヒヨル : いや、10年と言えば、一番ありふれた言葉で「川も山も変わる」と言うのに、本当に私たちのそばで30年を超えて、たゆまず、変わる事なく音楽を聴かせて下さるんですから、拍手を一度送らなければいけません。


ysk031126.jpg


今日、スンギさんを応援する為に出てくださいました。
イ・ソニさんにも本当に感謝して、久しぶりに出て下さったから、イ・ソニさんの舞台も満たさないで送る訳にはいかないですね。
ちょっと準備をしてくださいましたか?どうですか?次の舞台。

スンギ : <그중에 그대를 만나(その中で君に会う)>を。
本当に、昨年最高のヒット曲であり、多くの後輩の皆さんが歌われたのですが。
僕は直接、??いわゆるKマーク(認証マーク)を受けた、直接の純弟子として、今日は甘美に一度。
無条件、甘美に行きます。


ヒヨル : 良いです、良いです。
さぁ、この曲を最後にお二人がお別れの挨拶をします。
イ・ソニさんも久しぶりにいらっしゃいましたから、皆さんの拍手によって、コンサートが出来るようにもなるでしょう。
お二人とはここでお別れのご挨拶をします。
出てくださり、ありがとうございました。





ysk031125.jpg


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


ノドの調子が良くなかったというイ・ソニさん。

話している様子を聞いていても、確かにノドが痛そうですね(>_<)

それでも、歌えば素晴らしい歌声を聴かせてくれるのはさすがです!


ちなみにソニさんが最初に「風邪だって言うと、ビックリされるかと思って」とおっしゃっているのは、ちょうど2015年6月に韓国でMERS(韓国ではメルスと呼ばれていた)の流行騒動があって、「メルスにかかったと誤解されるといけないので」という意味で言われていたのでした。

ちょうどスンギくんが6集を発売したタイミングで、「歌番組に出るなら、公開録画を見に行きたい!」なんて思っていたのに、メルス騒動があって渡韓できず・・・

でも結局、公開録画そのものもメルスの影響で中止になった・・・なぁんて事があったな~と思いだしたり。



ysk031119.jpg


<가시(棘)>のデュエット、途中からスンギくんの歌のキーがグンと下がって、ソニさんの声に比べて聞こえにくくなるな・・・って思っていましたが、「ソニさんの歌声にスポットライトが当たるように」という思いがあったんですね☆


ソニさんもおっしゃってますが、<スケッチブック>は歌がメインで、トークもアクが強くなく落ち着いた雰囲気で楽しく、そのアーティストの歌をじっくり聴いてみたい!って思う時に、良い番組ですよね。

スンギくん除隊後に、またこういう歌番組でいろいろな歌を聴かせてくれたら嬉しいな♪



一瞬ですが、リハーサル風景




t062201


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :歌手 イ・スンギ トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
【】
スケッチブックの中でもこの回が特に大好きで、何回も見てました。
歌声もビジュアルも最高ですよね(^^)
記事にしてくれて嬉しい(^_-)
2人のデュエットも聞けるし、いろんなエピソードがてんこ盛り^ ^
もう直ぐ2年なんですね〜〜
そうそうメルス(^◇^;)私もその頃予約していたチケットをなくなくキャンセルしました(*☻-☻*)
いつかまたこんな番組に出てくれると嬉しいなぁ〜
その時はダンスを完璧にして見せてくれるんですね(o^^o)
【2017/03/15 06:58】 | ナビ #- | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/03/15 13:05】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/03/15 17:49】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!
コメントありがとうございます(*^o^*)

★ナビさま
歌声にデュエットにビジュアルにトークに、ホント見どころてんこ盛りですよね♪

メルス騒動、私もすっかり忘れていましたが、ソニさんのトークを聞いて「そういえば・・・」と思い出しました。
時間経つの早いですよね~
私的には、スンギくんが特戦司でどんなに体を鍛えられても、キレッキレのダンスが踊れるようになっていない事を願います(^人^)


★Kさま
歌手イ・スンギを知ったのがこの<スケッチブック>だったんですね!
<キング>で知って俳優だと思っていたら歌がめちゃ上手くて、ビックリだったでしょう(^m^)
何度もリピートしたくなる動画ですよね♪

他の俳優さんのファンミの思い出・・・
ホント歌が苦手な俳優さんが無理して歌わなくてもいいのにねぇ(;^ω^A


★Hさま
ソニさん、ノドの調子が万全でないのに、ホント素晴らしい歌声ですよね!
デュエット共演した人を「スルメイカにしてしまう」という表現が納得です(^m^)
スンギくんとのデュエットは、師弟愛というか、お互いの信頼感がすごく感じらますよね◎

ソニさん、師匠として厳しい面ももちろんあるとは思うのですが、スンギくんはそれ以上に応えてきた弟子なんですね。
こんな風に言ってもらって、スンギくんも嬉しかったでしょうね☆

今晩は別の集まりがあったんですね~
興奮してスンギ話をしているHさんの様子が目に浮かぶようです(≧∀≦)
【2017/03/16 01:10】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫