笑いが止まらないスンギくんwwヾ(≧∀≦*)ノ☆その2

 2017-08-15-06:00
2010年9月21日の第44回放送の<強心臓>で、笑いが止まらなくなったスンギくん動画のご紹介の続きです。

笑いを必死でこらえている様子が、めっちゃ笑える~(^m^)


トップ画像は、落ち着いた状態のスンギくん☆

sh081410.jpg

<強心臓>は、どんなにキャプチャーを取っても、この向きばかりなのがちょっと残念だわね~
(。・ε・。)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・




강심장_44_05


ホドン : そこではっきりと分かったんですね?

ドゥジュン : 自分についてはっきりとわかったんですが、両親を説得することが出来なかったんです。

今更、他の子たちは7年8年(訓練を)しているのに、お前が今更何が出来るのか、というニュアンスを含んだ言い方だったんですが。



話の内容的には真面目な事を言っているのに、必死で笑いをこらえている様子がめっちゃ分かりますね(^m^)

sh10.gif


ドゥジュン : 僕が、何かをしても根気が続かないんですよ。それで・・・

ホドン・スンギ : わっはっは!


sh11.gif

(字幕 : 一言ひとこと、予測不可能)


ドゥジュン : なんで受けるの?


その後はいろんな方の声が混ざってイマイチ聞き取れませんでした・・・


(字幕 : お手上げスンギくん)


ドゥジュン : 結局お母さんは、許してくれました。

分かった、一度お前がやってみたいようにやってみろ。

でもお前が諦めることを、母さんは分かってるわ!と。

お母さんは分かっていたんですよ。


それでJYPの練習生1期の公開オーディションを受けたんです。

当時参加者が5~6,000名ぐらいだったんだけど、本当に不思議なことに3位に入賞したんです。

その時の1位が今の2PMのウヨンさんで・・・





강심장_44_06

ドゥジュン : その後3か月で、会社でドキュメンタリーを取ることになったんです。ケーブルTVで。

今の2PM、2AMの子たちと一緒に。

そしたら、今になって言う事だけど、(2AMの)ジョグォンくんが、「僕は7年目にしてようやくこうやってケーブルTVに出るのに、お前はたった3か月で出るのか」と、当時僕がすごく憎かったそうです、本当に。

ホドン : インターネットを見て、自我省察を通じて、その夢が3か月で叶ったんですか?

ドゥジュン : そうでしょう。ともすると、それまではすごく順調に帆を上げた船のように上手くいって・・・

ホドン : わっはっは!


(字幕 : 合っている言葉もなぜか笑える~)


ドゥジュン : うまくいくと思ったら、堂々と・・・脱落しました。

スンギ : サバイバルから?

ドゥジュン : そうして残った4人が2AMとしてデビューして。

それでジョグォンが言ったことが、自分は初めて入ってきた練習生には絶対に情をかけない、だそうです。

こうやって家に帰って行く状況に、胸が痛いのをすごく感じたので、ようやく(ジョグォンの気持ちが)理解出来たんです。

それからは本当に未来が無くなったように感じて、再び体育大学に行く準備をしないといけないか、と。

ホドン : トンカツ時代に再び戻って・・・

ドゥジュン : トンカツをまた刻まないといけないかと・・・


sh12.gif


そんな事を考えている中、BEASTとしてデビューすることになりました。

そして前に歌番組で1位になった時、一番最初に来て祝ってくれたのが2AMの子たちだったんです。

あの時本当に涙がたくさん出ました、生まれてから初めて、ありがたくて。

トンカツからここまで、本当に不思議なことに・・・わぁ!

とにかく、僕の話でした~。ありがとうございます。


スンギ : 2010年一番大きく笑ったようだ、トンカツがこんなにウケるとは・・・

ホドン : 検索語が出てますか?

(字幕 : 1時間早い、イトゥクのネット検索順位)

イトゥク : 1位が「牛肉の王トンカツ」、たくさん出前して食べています。

2位が「ユン・ドゥジュン」、3位が「自我省察」、4位がさっきの「イ・スンギ失神」、そして5位は「真空掃除機こなごな(?)」

ホドン : 新しいバラエティの??です。

イトゥク : 今トンカツ召し上がっていた方はビックリするでしょうね。

ホドン : ユン・ドゥジュンさん、「私は多分ダメだ、あいつらとは違っているんだ」・・・とためらっているたくさんの子たちに、何と希望のメッセージを伝えたいですか?

かっこいい四字熟語を一つお願いします。

ドゥジュン : かっこいい四字熟語ですか?

「王トンカツ」(왕돈가스=ハングルで書くと4文字)


sh13.gif


(以下略)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


「かっこいい四字熟語を」と言ったホドンさん、おそらく「自我省察」って言葉を期待していたんじゃないかと思うのですが・・・

ケロリと「王トンカツ」と答えるユン・ドゥジュンさん、天然なのか、天才なのか!?

とにかく、ユン・ドゥジュンさん本人も「なんでそんなに受けるの?」って言っているように、話自体は別にウケるような内容ではないんですよね。

実際、訳を読み返しても特に面白くないんだけれど、彼が話している様子を聞くと、なんか可笑しいです(^m^)


おかげで、笑いが止まらない、楽しいスンギくんを堪能出来ました♪

tekotekoさん、話題を振って下さってありがとうございます!!(*^o^*)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・


*おまけ*




강심장_44_17


シンドン : ウニョクさんが唯一演奏できる曲が、たった一曲あるんだけれど、その方と必ずデュエットを一度してみたいと。

どんな方ですか?

ウニョク : 僕の友だち、スンギと・・・

スンギ : どんな曲?

(字幕 : 不朽の名曲<俺の女だから>)

♪前奏

マイクに息を吹きかけるスンギ

(字幕 : セクシーな吐息発射)

ウニョクの伴奏、だんだんアヤシくなる

スンギ : 伴奏がすごく軽快過ぎるんじゃないか?

♪날 동생으로만~


(字幕 : ロマンティック国民の弟発射)

スンギ : (興奮)間違えてるじゃないか!間違えてるじゃないか!

ウニョク : もう一度~!

スンギ : 分かった、もう一回!

♪날 동생으로만~


(字幕 : チュソク特集、スンギくんの甘いボイス~)

(字幕 : チュソク、全国の寂しいヌナたちの為に)

(字幕 : 国民の弟から、国民のボーイフレンドに・・・)

♪ヌナは俺の女だから~

(字幕 : ありがたいお姉さんたち)

スンギ、ウニョクにマイクを向ける。

ウニョク、継いで歌うが、詰まってしまう。

イトゥク : ここまでです!



スンギくんって、話し声から歌声に変わった途端、めちゃくちゃ甘い声に変わりますねぇ~(*´ω`*)♪


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :イ・スンギ その他 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫