FC2ブログ

僕の彼女は九尾狐 監督版DVD15話より GIF画像

 2011-05-25-12:00
「クミホ」監督版DVD、15話の追加シーンのGIF画像のご紹介です。

すみません…
時間切れで、かなり大雑把ですm(_ _)m


15話の詳細は以前に書いた記事をご覧下さい。
監督版15話追加シーン


*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*

結婚式場でバッタリ会って、ミホが結婚する事を知ったテウン。
gdc1501
ミホもテウンも、カップルリングを見つめるシーンの後。
gdc1502
gdc1503


映画の撮影現場。
テウンが一人でいる所に、ドゥホン監督が近付いて行きます。
gd1501


結婚式の招待状を渡そうとしますが、落ち込んでいるテウンを見てためらいます。





そばにいたビョンスを捕まえて言います。
「ビョンス…俺はやっぱり渡せない…。」
gd1503







「お前が俺の代わりに渡してくれ。助かるよ。」
と言って、その場を去ります。
gd1504






ビョンス、ソンニョに気付き、捕まえて
「俺には絶対出来ない。お前がやれよ。」
招待状を押しつけます。
gd1505


ソンニョはそばにいたヘインに招待状を押しつけます。





ヘインは招待状を見てから、テウンの方を見ます。
gd1506







テウンに近づくヘイン。
gd1507







ヘインに気づいて立ち上がるテウン。
gd1508







ヘインから手渡された招待状を見て
「もう知ってたよ。」
gd1509





gd1511







gd1512





*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*


gd1501


gd1502


gd1503


gd1504


gd1505



*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*



落ち込んでるテウンばっかりというのもナンなので、おまけ☆
KBのCFより
kb01



kb02



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
 ↑ ↓ 記事を楽しんでいただけたら、どちらかにでもクリックして頂けると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト



タグ :
コメント
【】
こんばんわ。
いろいろなところから出没スミマセン。

ディレクターズカットの情報いつもありがとうございます。
地上波から見始めたお陰で「地上波」→「DVD」→「ディレクターズカット」といった具合に、更に更々に楽しんでおる次第であります。

ひとえに「まや様」のお陰であります。
多謝m(_ _)mカムサハムニダ!

イ・スンギ殿は、共演のノ・ミヌとか「イケメン」のチャン・グンソク系の「色気」的な雰囲気じゃない健康的というか、なんだろう、身近というか、飾らないカッコ良さというか、拙者はそういう好感があります。
歌手出身なんですか?しかも師匠というか事務所の社長が「どぅびるびどぅ~」の「イ・ソニ」なんでしたか?

主題歌「どうかしてたんだ」は大好きです。
ちょんしにながそ~なば~ぐって~ん!と(何かと口ずさんでしまう為やたらと)歌ってましたところ、ウチの次女が語尾の「・・・って~ん」をハモるようになりました。。。

【2011/05/25 22:23】 | dashi #- | [edit]
【】
dashiさま☆
こんにちは!

確かに地上波版から見始められたら、徐々にバージョンアップ出来ていいですね!

監督版DVDはリージョンコードの問題や字幕の問題で、見たくても見れない方も結構いらっしゃると思うので、出来る限りのご紹介をしたいと思ったんです。
ただし、キャプったりGIF画像を作ったりするのは結構時間がかかるので、なかなか全部はご紹介出来ないんですが…
それでも楽しんでいただけてるようでしたら、良かったです(^_^)

イ・スンギくんの魅力、まさにその通りです!!
一目ぼれする人より、じわじわとファンになる人が多いんですよ。
2004年に歌手デビューして、CDを6枚出してるんです。
「狐雨」のイ・ソニさんは、高校生だったスンギくんを発掘して、歌手に育てた師匠です。
(事務所の社長ではありません)

「どうかしてたんだ」は、歌詞は切ないんだけど、ノリのいい曲ですよね~!
小さい子供さんも真似したくなる程なんですね♪
【2011/05/25 23:42】 | まや #- | [edit]
【】
まやさん おはようございます。

お忙しいのに画像のご紹介ありがとうございました(^^)

本当に、お金があったら日本版も韓国版も両方とも欲しくなっちゃいますよね(^_-)-☆

最近通院で少し忙しくて2日間もクミホを観ていなかったら、禁断症状が出てしまい、今日は朝から観てしまいました。

クミホはもちろん全編通して大好きなのですが、後半部分(特に14、15話)は何度観ても辛くなってしまうのでとばして観ちゃうことも多いです
(;_;)

個人的には6話から9話にお気に入りシーンが満載です。
特に8話の映画館と家電売り場でのミホとテウンのやり取りが楽し過ぎて、落ち込んでいる時や疲れている時には必ず観て元気を貰っています(^^)
それにしてもあんなに楽しい家電売り場でのシーンと、ミホの超キュートな愛の銃弾ポーズがTVではまるまるカットだなんて許せないわ(`Δ´)

またそれぞれの回のところに感想書かせていただきたいと思っておりますです(*^-')b
【2011/05/26 08:17】 | きょうこ #- | [edit]
【きょうこさま☆】
こんにちは!

調子が良くないのでしょうか?
お大事になさってくださいね…

「クミホ」、何度でも見たくなりますよね~♪
DVDを買って、大正解ですね!
たしかに14~15話あたりはちょっと辛いですね(>_<)
それでも笑えるシーンもあるのが、スゴイところだと思います。

でもって、8話の映画館&電器店デートのシーン!!
私も思い出すだけで顔がほころびます~(^o^)

地上波版から見れば、あのシーンがなくても気にならないかもしれませんが、ノーカット版を見ちゃうと「あんな素敵なシーンをカットするなんて、考えられない!」って思っちゃいますよねぇ!!
【2011/05/27 00:11】 | まや #- | [edit]
【】
こんばんは

DVD購入を検討してます。日本版と韓国版と違いとかディレクターカット版とか
いろいろありますが何からがお勧めですか?

DVD買うのは池袋ウエストゲートパークというドラマ以来です

まやさんのこの熱意の伝わるブログもドラマを楽しむための一つなんですよね

OSTも全曲ききました。歌詞とか意味解ると最高のドラマにだんだんとなってきます

本当はDr.houseというアメリカドラマのシーズン5借りる予定にしてたのですが
クミホの余韻を楽しみたいので先に延ばします。

アメリカドラマ24とかも見ることもなく韓国ドラマも見たいと思ったけど数多すぎてわからいから一度も見たことなかったのにこのドラマにめぐり合えて幸せです
【2011/06/11 23:07】 | 鹿児島のおっさん #- | [edit]
【鹿児島のおっさんさま☆】
こんにちは!

「クミホ」DVD、どれを買うか迷いますよね~

ちなみに韓国版=監督版(ディレクターズカット)です。
韓国版はリージョンコードが違うので、日本で普通に売られているプレーヤーで見ることが出来ません。
私はリージョンフリーのプレーヤーを買いました。
韓国版DVDは日本版に比べるとすごく安いので、日本版DVDを買ったと思えば、その差額でプレーヤーを買ってもお釣りがくるぐらいです。

あと、韓国版には英語字幕のみで、日本語字幕が付いていません。

日本版DVDは、監督版の追加シーンは入っていないようなんですが、その代わり、韓国版に入っていないメイキングやNGシーンが入っているそうです。

予算が許すなら、両方欲しいですよね(^o^;)
私は、韓国オリジナルにこだわりたい(日本版はBGMが韓国版から一部差し替わっていたりするんです)ので韓国版を選びましたが、日本版の特典はかなり羨ましく思っています。

私が「クミホ」を最初に見たのは昨年の秋ですが、いまだに余韻に浸っていますよ~♪
ホント、極上のドラマです!!
【2011/06/12 00:59】 | まや #- | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/25 20:34】 | # | [edit]
【鍵コメさま☆】
こんにちは!

私はmixiには疎くてよく分からないのですが、同じ趣味の方と交流出来るのは楽しそうですね♪
そのマニアックな方の、マニアックポイントを一度お聞きしてみたいわ~(笑)
…っていうか、そう言って下さるなら、ここにコメント下さったら良かったのに…(^o^;)

私は元々、去年の秋に韓国放送時の「クミホ」を見てすごくハマって、このブログを作ったんですよ!
今でもいろんなシーンを思い出すたびにキュン!ってなります。
時間が出来たら、ゆっくり見直したいわ~

また鍵コメさんのお好きなシーンがあれば教えて下さいね!
【2011/09/25 22:09】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiracrystaldrama.blog120.fc2.com/tb.php/383-374d2f9a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫