FC2ブログ

なんちゃって韓国語脳

 2011-09-29-23:00
今日、職場のMさんと雑談していた時の話。

どういう話の流れか忘れましたが、Mさんがこんな事を言ったんです。

 「『しょうがない』って英語で何て言うか分かる?

  ノージンジャー!」

  No ginger = 生姜無い



見た目が50代に見えないMさんはちょっと変わり者で、普段は「おじさん」というイメージがあまりないんですが、ダジャレ好きなトコロは、やっぱり「おじさん」です…

そういうMさんの性格にもすっかり慣れてしまったので、「英語で何ていうか分かる?」と言われた時点で私は、「またしょーもないダジャレを言う気だな…」なんて冷めた反応をしていたんですが(^o^;)


その一方で、「でも実際、英語でなんて言うんだろう?」って考えてたんですよ。

そして一番最初に思い浮かんだ言葉が…


「할 수 없다…ちょっと違うか?」


…って、英語とちゃうやん!!


そう気づいて、ちょっとビックリしました。


これまでずっと、私にとっての<第一外国語>は英語でした。

それは別に「よく出来る」という意味ではなく、分からないなりにも一番最初に浮かぶ外国語が英語だ、というだけの事なんですが。

なのにいつの間にか、韓国語の方が先に思い浮かぶようになってたようです。

渡韓が近づいて、脳がちょっとは韓国モードになってきているのかな!?

…なぁんて。


あ、ちなみに「しょうがない」の韓国語は「어쩔 수 없다(オッチョル ス オプタ)」かな。


g092704




スンギくんの歌詞を解読しながら、「何となく」韓国語を勉強してきた私は、ほとんど読解しかしてきていないんですね。

リスニングやスピーキングに関しては超初心者レベルなので、これから韓国で、理解できない言葉に囲まれながら生活していく事にとっても不安を感じています。

でも、せっかく勇気を出して行くんだから、例え理解出来なくても、耳をすませてたくさんのネイティブの話す言葉を聞き、例えたどたどしく単語単位でしか話せなくても、自分の意思を韓国語で伝えていくようにしたいと思います。



いつか、頭の中で日本語を韓国語に変換することなく、直接韓国語で考えられるようになっていたらいいな~



g092703





にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :ソウル語学留学に向けて トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫