5.5集<森>にかける、歌手イ・スンギくんの想い☆

 2012-11-23-16:00
昨日11/22に音源公開された、イ・スンギくんのミニ・アルバム<숲>

今日は祝日という事で、ゆっくりと聴いていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?(^_^)

スンギくんの言葉通り、とっても癒し系の曲ばかりで、スンギくんの暖かい歌声に、ずっと包まれていたい感じですね☆☆☆


昨日の音源公開と同時に、スンギくんがこのアルバムについて語ったインタビュー動画も公開されましたね☆

ただ曲を聴いているだけでも十分に幸せですが、スンギくんのこのアルバムについての想いを知ってから聴くと、また新たな発見があるかもしれません(^_-)-☆

s112301


動画翻訳については、自分の記録として残しておきたいし、数名の方がコメントで「楽しんでいます」と書いて下さった事ですので、まぁマイペースに書いていきます。

ざっくりとした訳ですし、間違っている部分も多いと思いますので、興味の無い方はスルーして下さいm(_ _)m


11/22 CSIインタビュー




記事中のキャプチャー画は、クリックすると大きく表示されます☆


s112302


★一年ぶりに、歌手イ・スンギとして戻ってきた

1年ぶりに、5.5集アルバム<숲>、タイトル曲<되돌리다>という曲で戻って来ました。

今回のアルバムの場合は、実は計画するきっかけが<キング>を撮影しながら

エピトン・プロジェクトの音楽をたくさん聴きながら、心が洗われるようで、感性がすごく気に入ったんです。

だから、ドラマが終わったら、この方と一度一緒に制作してみたら、良い音楽が出来るようだと、

僕が一度、こういう音楽をやってみたい、と考え始めたんです。

この冬、皆さんの感性を暖かく、ヒーリング出来るミュージックが出来るようです。


s112303


★これまでのアルバムとは感じが違いますね。今回のコンセプトは?

今回のアルバムのコンセプトは、無条件「聴き良い音楽」を作ろうと努力しました。

今までに僕が歌ったバラードとは違って、朝起きた時、聴きたい音楽、

そして一日の仕事を終えて、寝る前に聴きたい音楽、それを考えながら作ったアルバムです。


s112304


★タイトル曲<되돌리다>を紹介して下さい

<되돌리다>という曲は、過去に僕が愛したある恋人を思い出しながら、

過去に戻る感性を感じる時間を歌に込めました。

最初の方は弦楽器の暖かい感じ、後半はギターも加わってリラックスサウンド、

一曲を聴いて懐かしくもあり、感性も感じられる曲です。


s112305


★エピトン・プロジェクトが制作に参加したきっかけは?

今回のアルバムでご一緒したエピトン・プリジェクトについては、僕のファンの方から2,3年前に「遺失物保管所」というCDをもらったんです。

名前だけ覚えていて、聴くことはなかったのですが、2年後くらいにまた、他の方からプレゼントされたんです。

こんなにいろんな方からもらうCDなら、と一度聴いてみたら、音楽がすごく良かったんです。

僕が聴いていると、周りの女優さんや、ハ・ジウォン先輩も皆さん「エピトン・プロジェクトが好きだ」とおっしゃって。

この歌手が持っている、女性たちが好きな感性を教わりたくて、連絡したんです。

その後たくさん話し合って、このアルバムが出来上がりました。


s112306


★スンギさんの為に出来た歌があるそうですね?

<숲>という曲は、僕の為にエピトン・プロジェクトが作ってくれた曲です。

これまでにエピトン・プロジェクトが作ってきたメロディとは違って、

だんだんと盛り上がるのではなく、淡々として心に響くメロディです。

僕に合うように作って下さいました。

<숲>を書くきっかけになったのは、話をしながら、

「兄さん、今回はMVを森の中で、緑がたくさんの森で撮影してみたいです。」

と言ったら、本当に<숲>という曲が出来たんです。


歌詞と、歌の中に全てを詰め込んだというよりも、ボーカルも音楽も、

聴いた人が空間感を充分に感じられるように、欲張らずに作りました。

ボーカルも最初から最後まで、抑えるように歌ったので<森>という曲が、

今回のアルバムの中では挑戦的で、新しい始動だとも考えられるでしょう。


s112307


★今回のアルバムでイ・スンギが選ぶ、最高の歌詞は?

実は今回のアルバムは、全部好きです。

(好きな曲を)一つ選ぶのがとても難しいです。

まず、タイトル曲<되돌리다>の場合は、僕の為に合わせて作った曲ではありません。

普通作曲家は、深く聴かせたいという欲望がありまから、歌を聴きながら、すこしずつ開けて行くような…キープしている曲が何曲があるので、少しずつ聞かせてもらったんです。

この曲は最初に歌詞がパンと響いたんです。

そういう曲にしたいと思って、僕が選んだ曲です。


最初の歌詞が

♪知る事が 出来ない この季節の終わり

僕は 君を 愛して いたのだろうか?♪

こうやって始まります。

歌詞ひとことが、この2行に、何かドラマが映像になったんです。

とてもかすかで、素敵だったんです。

だから<되돌리다>をタイトル曲にしたぐらい、僕がすごく好きな曲でもあり。

最初の2行の歌詞は、芸術です。


s112308


★今回、自作曲もあるんですって?

僕の2番目(厳密に言うと3番目ですね)の自作曲でしょう。<사링한다는 말>

自信はありません。

まだまだ初期の作品で、本当にこのアルバムに入るのは気恥ずかしいんですが。

この曲は一から十まで、作詞から作曲まで携わったので、愛着もすごくあり、

未熟な歌詞とメロディーをエピトン・プロジェクトが素敵に編曲してくれて仕上がりました。

個人的に、この曲は弦楽器を使いませんでした。

これまでの音楽とは違って、独特な感じで、

鍵盤、ギター、ドラム、ベースそして、フレンチホーンと共演したんです。

普通ホーンは、弦楽器と一緒に演奏します。

でも弦楽器を使わずに、この歌だけの暖かさ、ホーンそのものの音色の暖かさを伝えたくて、

そういう編成にしました。

歌詞は実は、ドラマのOSTをイメージして書いた曲なので、主人公自体が、

愛している女性に「愛している」というありふれたひと言を言ってあげられなくて

愛する人と、疎遠になってしまうドラマのイメージで書きました。


未熟な点もあるかもれないけれど、僕の中の暖かい感性をこめて作ろうと努力しましたから、

<사랑한다는 말>も愛してくだされば嬉しいです。


s112309


★アルバム以外に、ファンへのプレゼントがあるそうですね?

今回のアルバムの場合は、僕のアルバムが持つ暖かい音と、

なにか「旅行に行きたい」というような感性を、CDだけで表現するのはちょっと物足りないので、

フォト・エッセイを一緒に作りました。

ファンの皆さんにとって、今回のアルバムはスペシャルだと感じられるでしょう。

以前に僕が写真撮影をするために、最初は意欲まんまんに買ったカメラを、

今回のエッセイのために使ってみました。

もちろん未熟ですが、内面にある迷いや軌跡や暖かさを、

写真を通して見ながら、最後に歌を聴きながら仕上げる事が出来る、

そんな素敵なアルバムですから、ファンの皆様もたくさん愛してくだされば嬉しいです。


今回の5.5集ミニ・アルバム<숲>は、僕の小さな”願い”から始まり

少しずつ大きくなりながら、素晴らしいアルバムするために

たくさん悩みながら、たくさんの時間をかけました。

タイトル曲<되돌리다>、<숲>、<사랑한다는 말>、<나에게 초대>まで

全ての曲を愛して下されば嬉しいです。


s112310


*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*


<森>のタイトルにしても、ファンからのプレゼントを放置していた話にしても、ざっくばらんに話していますね(笑)


皆さん気になる、スンギくんの自作曲<시랑한다는 말(愛しているという言葉)>は、実体験ではなく、妄想・・・ではなく、豊かな想像力から生まれたそうで・・・


s112312


それにしても、インタビュー中にふと歌った<되돌리다>のメロディ、めっちゃ素敵な声☆☆☆

スンギくんも言っているように、今回のアルバムは、感情を前面に押し出すのではなく、控えめに、奥に秘めた感性を、じっくりと聴き込みながら感じ取るような・・・そういう曲ですね。


話はそれますが、コンサートでも、<숲>の歌を聴く時は、歓声なしで、感性ソングを静かに聴きたいなぁ(^m^)

・・・はっ、もしかして韓国ファンはすでに、応援の合いの手を考えていらっしゃるのでしょうか!?(^o^;)


s112311


ついでに貼っておきます・・・11/22 Mnet Wide




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :歌手 イ・スンギ トラックバック(-) コメント(10)
タグ :
コメント
【】
まやさ~ん、インタビューを日本語に訳していただき、本当にありがとうございます<(_ _)>
手振りを交えながら熱心に話す映像を見て、スンギくんのこのアルバムに込めた想いは充分感じていたのですが、具体的な内容を知ることができ、うれしいです!
あと、話の途中でいきなりのアカペラ、よかったですよね!
昨日から、たくさん情報提供していただき、ほんとうにありがとうございました(^o^)
【2012/11/23 17:01】 | mochi #- | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/23 17:48】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/23 17:53】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/23 18:44】 | # | [edit]
【】
まやさん、おばんです。
インタビューの和訳ありがとうございます。
アルバム、聞かせていただきました。
ほんと、良いですよね!聞いていて、何とも言えない、何と表現したらようのでしょう?
とにかく、すばらしい、「スンギの癒しの森」ですね。
ほんと、優しい気持ちになれます。(息子のテストの結果見る前に、まず、「スンギの癒しの森」におじゃましてから、見たら、良いですよね!)って感じです。
内容は、わからないけど、歌をきいただけでも、感激なのに、この、インタビューよんで、またまた、感激です!奥が、深いですね・・
この、内容、頭に、入れながら、また、スンギ君ワールドに、浸りたいと思います。
いつも、ありがとうございます。
【2012/11/23 20:35】 | ひろりん #- | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★mochiさま
やはり、動画で直接スンギくんの声で聞く思いは、ストレートに伝わってきますよね☆
アカペラの歌声、うっとりですよね~
コンサートでも、アカペラで歌ってくれないかな♪


★鍵コメFさま
Fさんのメッセージを読んで、キュンとなってしまいました☆☆☆

「たくさん時間をかけて考えて、一生懸命に作り出してくれたこのアルバム、
なんて素敵な大切なプレゼントをもらってしまったんだろう
ますますスンギくんが好きで、歌手イスンギが一番好きです。

ライブのことを考えるともうすでに緊張して、ドキドキです・・・
私も武道館のときみたいにシ~~ンと静まりかえった会場で聞きたいです。
まるで隣で歌ってくれてるような感じで・・・

ライブもあのダンスもたくさん練習して用意してくれているんだな。
って思うとほんとうれしい。
終わってほしくないです。・・・見たいけど・・・会いたいけど・・・」


スンギくんの感性ヴォイスに刺激されて、Fさんもいつもよりセンチメンタルになっていらっしゃる!?(^m^)
素敵なメッセージをありがとうございます!!!

コンサートが楽しみになればなるほど、終わりを考えると、ふと寂しくなりますよね・・・


★鍵コメYさま
癒し効果、即効性抜群のアルバムですよね☆

合いの手、すでに完成しているでしょうか!?(^o^;)

>「(コンサートまでの)このワクワク感をもう少し楽しんでいたいような、早くその日が来て欲しいような、贅沢な悩みを抱えている今日この頃」

ホント、その通りです~
泣いても笑っても、あと1週間なんですよね☆☆☆


★「スンギペンのおばさん」さま
初めまして、かな?
コメントありがとうございます!
「スンギペンのおばさん」は、私を含めてこちらにたくさんいらっしゃるので(笑)出来れば次回は違うハンドルネームを書いていただけると嬉しいです(^_-)-☆

「수풀 の歌詞はどこに出ていますか?」との事ですが、<숲>の事でしょうか?
そうであれば、私はDaumで拾ってきました。
http://music.daum.net/search/integrated/list?type=total&query=%EC%9D%B4%EC%8A%B9%EA%B8%B0
曲の一覧の中の右側、○が4つ並んでいる所の、「가사」と書いてある列をクリックすると、歌詞が表示されます。
・・・というか、私も記事の中で韓国語の歌詞をご紹介していますが、訳の入っていない、韓国語のみの歌詞を見たい、という事でしょうか???


★ひろりんさま
>「息子のテストの結果見る前に、まず、「スンギの癒しの森」におじゃましてから、見たら」
・・・とはまた、ユニークな表現で(^m^)
「何とも言えない」感じ、良く分かります~
スンギくん自身も、ハッキリとした表現よりも、あいまいな、いろんな風に感じられる感性を重視しているからではないでしょうか?
でも、そういう難しい事を考えずに、ただスンギくんの歌声に心地よく身をゆだねていたいなぁ~って思います☆☆☆
【2012/11/23 23:49】 | まや #r10PBekw | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/24 00:21】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/24 02:33】 | # | [edit]
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/24 19:56】 | # | [edit]
【コメント下さった皆さま☆】
こんにちは!

★鍵コメMさま
記事を楽しんで下さって、ありがとうございます(^_^)
コンサートでは現地でラインで「今どこ?」って連絡をして頂けたら、お返事出来る状況であればお返事させて頂きます。
是非お会い出来るといいですね!


★鍵コメSさま
スンギくんの想いを知ると、大切に聴いて行かなきゃ~って思いますね♪
”過去に愛した恋人”は、”そういう設定で”という意味で言ったのかもしれませんが、どちらにしてもスンギくんだって恋愛の経験はあるでしょうからね~
ソウルコンサートで、どういう雰囲気で聴けるのか、気になりますね・・・


★スンギペンのおばさんさま
あらら、過去に書いたハンドルネームを忘れてしまわれたんですね(^_^;)
HNはほとんどの皆さんが、本名から来ているように思います。
本名っぽいのに偽名なのは私ぐらいかも(笑)
あまり難しく考えず、シンプルなHNでお待ちしておりますね☆
【2012/11/26 01:45】 | まや #r10PBekw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫